本田宗一郎の名言|社長の無知が一番怖い

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業で一番怖いのは社長の無知です。問題は持っている知恵が古くなることです。そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶすことになります。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はコンクリートにこだわり続けてきました。ひとつの素材を突き詰めていくことで、自分の想像力の限界に挑戦し続けられるからです。

日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。

人材は毎日ノンストップで探すんです。いま、グローバル化するビジネスの中で一番の課題は、優秀な人材をどう見つけるかですから。

私は貴志川線を引き受ける前に自分で全部の駅の周りを歩いて住民の方に話を聞いてみました。そして、知ってもらい乗ってもらえれば、状況はガラリと変わると確信しました。すべての答えは現場にあるのです。

美しさの象徴であるモナリザと、発明家のダ・ヴィンチを融合したような斬新な考え方が大事。

講義では難しい話を聞いてもらわなくちゃならない。じつは漫才や落語から構成を学んだりしています。

長い人生、失敗もあれば落ち込むこともある。そういう時は、嘘でもいいから明るく元気に振る舞うことが大切。状況が悪い時ほど明るくいれば、案外早く立ち直れる。

ページの先頭へ