本田宗一郎の名言|良策も遅れては意味がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

死んでから来ては、名医もヤブ医者以下だ。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつまでもリスクをとらないで安全志向に凝り固まっていると、そのうち日本全体がジリ貧になることは目に見えている。

大手企業がいくらキャリア形成の仕組みを用意したところで、せいぜい海外経験があるという場合がほとんどです。自らカバンを持って世界中を駆け回りながら、ものづくりの現場に入り込んで組織を指揮している人ってあまりいないと思います。

車が必要な時、車がなくてもやれる方法を全て試せ。それでもだめなら貰って来い、拾ってこい。最後に買え。「当然中古!」

当社のけん玉の素材にする木は2~8年乾燥させ美しい木目を作り出し、パールやシルバーラメなどを何層も重ね塗りし深みを出す。どんなプロの技も正確に再現できるよう、設計・加工は0.2mm以下の高精度。ここまで心血を注ぐけん玉は世界にもない。

半導体生産の現場で使う、空気清浄度が一定に保たれたクリーンルームという設備があります。生産のプロセスでは、ミクロン単位、コンマミクロン単位のゴミや異物を排除しなければなりません。そのゴミをいかに減らすかという技術の開発に長らく携わっていましたが、この手の技術はある一定のレベルまで行くと、製品の不良率にほとんど影響がなくなってきます。ゴミを減らす目的は、デバイスの不良率を減らして製品の生産性を上げることなのです。そこで、半導体の設計で不良率を下げる方向に転換させました。

これまで私は目標とかを言わない方だったけど、はっきり口に出すことで自分に言い聞かせることにしたんです。そう思わないとこの地位(横綱)はやっていけませんから。

USJは常に、ゲストが何を目的に来園しているのかを重視しています。特定のキャラクターなのか、アトラクションなどの乗り物なのか、それとも何かのショーなのか――。このようなデータや綿密な調査を駆使して、我々がターゲットとする女性や若者、子供たちが今、何を欲しているのか、何をしたいのかを見極めます。

ページの先頭へ