ドラッカーの名言|将来についてもっと時間と思索を割くべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は、その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事を終えて家に帰ったら、その日一日に自分が話したこと、自分が下した決断、部下に対して怒ったこと、褒めたこと、こうしたことをすべて思い出し、振り返るようにしています。これを毎日毎日やれば、人間、少しは成長するものです。

この商品、サービスをいくらで売ろうと考えても、なかなかうまくいかないもの。いまはモノも情報も氾濫している時代ですから、単純に売りたい、稼ぎたいと思う人ほど、残念ながらお金が巡ってこない。単眼ではなく複眼思考が必要です。

変化の厳しい時代の海図は、今日と明日では違う。いたずらに規模を追求しても変化に対応できません。小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る時代だと私は信じています。

文具は仕事の道具。成長に合わせてステップアップさせる人もいるでしょう。でも、「道具に育てられる」という面もある。「道に具(そな)える」と読むように、仕事人生をサポートしてくれる存在なんです。若い人が背伸びをして、いい文具を買うことで学ぶことは多い。

うちは、人のやらないことをやる。ディズニーさんもユニバーサルさんもできないテーマパークを目指しています。

重要なのが言葉の使い方。いくら「面白そう」と思っても、頭でそれを打ち消しては、行動に移せないからです。みなさんは、「35歳過ぎたら転職はムリ」「小さい会社だから大手に勝てない」といった言い方に慣れてしまっていませんか。それを「35歳だからこそできる転職もある」「小さい会社だからこそ勝てる分野がある」と、言い換えてみてください。なんとなく、新しいものが見える気がするでしょう?

社長就任に際して、社内では「現場、現物、現実の三現主義を徹底する」と宣言しました。民間銀行で育ってきた人間として、それらの重要性を痛感しているからです。

ページの先頭へ