ピーター・ドラッカーの名言|幹部の仕事と知識とはあまり関係がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

幹部の仕事と知識とは、あまり関係はない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本発ではなく各エリア発でニッチトップにならなければ、本当のグローバル化ではありません。そのため、いままさにグローバル化のセカンドステージを歩もうとしています。

予定を立てるときは「1.2倍の法則」をふまえてください。所要時間の見積もりは、実際にはその1.2倍かかる。たとえば1時間かかると思ったら、実際には1時間12分かかるものと思っていたほうがいいですね。

読書とは一種の邂逅(かいこう)だ。読書の目的は、要するに自分の原点を発見するということに尽きる。

財団をつくることが夢なので、贄沢に暮らすよりも、夢に向けてお金を上手に使っていきたい。

4年前から個人トレーナーとして秋本真吾さんと契約しています。長所を褒められて伸びるタイプなのに、試合や練習の映像を見た秋本さんから「ここの動きが悪い」と弱点を指摘されるんです。そこをキツい練習で克服する繰り返し。でも、本心では、この練習が必要だとわかっていました。代表に呼ばれるたびに海外で活躍する選手と比べて、自分の甘さを思い知らされていましたから。

ビジネスのアイデアが生まれるのは、外部の人とコミュニケーションをしているときだけです。一人で考えていても、アイデアなんて生まれてきません。自分とは職業も年齢も経歴もまったく異なる人と会話をするなかで、自分の価値観とのギャップが生まれる。そこにアイデアのヒントが隠されているのです。会社員の方々も、社内の上司や同僚と飲みにいく回数を減らして、外の世界の人たちと会う機会を増やすだけで、みえる世界が大きく変わってくるはずです。

経済人はもっともっと自己反省してみても悪くはなかろう。やれ補助金だ、やれ割当だと、こまってくるとすぐ政府になんとかしてくれと泣きつく乞食根性は、もうやめてもらいたいものだ。

ページの先頭へ