マイケル・ポーターの名言|グローバル経済でも地域の遺産、特徴から競争上の優位性が見つかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のグローバル経済においても、競争上の優位性は、地域の遺産や特徴を利用することによって獲得できることが多い。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長が一度言ったからといって全員が理解するわけではない。今でも年間70回以上は様々な拠点を回って、現場と話し込んでいる。

いまはインターネットであらゆる情報にアクセスできる時代。その気になれば密度の濃い第一次情報に簡単に辿りつき、ニュースの「大もと」に触れられます。たとえば賛否両論で議論が沸き起こった特定秘密保護法案。内閣府のホームページに詳しい解説が載っています。それを見ればこの法案が降って湧いたものではなく、以前から検討されてきた重要法案だったこともわかります。内閣府に限らず、官公庁は意外と資料をしっかり公開しているんですよ。

社員は全員一冊ずつ「アイデアノート」を持っています。自分のアイデアに絵をつけ、部署毎に発表の機会を設けています。考える力をつけ、人に伝える。常に勉強できる環境を会社のなかにしっかりと作っています。

勉強しようと思ったとき、いつどんな環境でもすぐに集中できるのであれば苦労はいりません。しかし、そうでない人の場合は、最初から勉強の妨げになりそうなものがない場所を確保しておくといいとおもいます。

あなたも私も人間であり、創造したり、貢献したり、生産したりする存在です。この椅子や机はコストですが、あなたはコストではありません。当たり前のことですが、この当たり前のことを忘れている経営者は少なくありません。

たいていの部下は、指示されたことをすべてやる、つまり100点を取ることに価値があると思っている。でも、上司が求めているのは70点でいいから、スピード感だったりするわけです。そんな価値観の違いがあったら、仕事の効率は上がりません。言葉も大切です。上司が言った言葉の意味を部下が正しく受けとめているとは限りませんから。言葉にすれ違いがあると、上司はちゃんと指示したつもりでも、部下はまったく違うことをやっている、ということにもなる。

去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く。

ページの先頭へ