マイケル・ポーターの名言|CSRは使った金額よりも、生み出した成果を測定する

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSR活動の場合、ほとんどの企業は支援活動に費やした金額や参加した人数といった数字でCSRに費やした費用だけを計算しています。こうしたインプットではなく、アウトプット(結果)を測定することを提案します。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ゴルフをやめるときは死ぬとき。俺にとってゴルフは天職。ゴルフしかない。

私の発言はいつも、ふざけているわけではないんです。社交辞令を省いて率直に話そうとすれば、どうしても斜めから見たような物言いになってしまうのです。ものごとの裏面も見ようとすれば、斜に構えているような印象を与えるでしょう。

米国人の牧夫は体格も立派で馬力もあるし、手も熊手のように大きく指も太い。もちろんそのころはトラクターや便利な農機具などはないからすべて肉体労働だ。なにくそ、負けてなるものか。私は彼らに伍して激しい労働の真っただ中に飛び込んだ。とくに外国人、いやその村の唯一の日本人だけに、むしろ辛い仕事をかってでた。
【覚書き|牧場経営を学ぶために米国の牧場で働いていた時期を振り返っての発言】

社長就任後、2年ほどかけて技術部門のトップ数人と技術の棚卸しをやりました。当社が持っている技術のうち競争力のあるシーズ(種)は何か、それをどんな市場や商品に応用すべきなのかを洗い出しました。その中から医薬や化粧品といった考えが生まれました。

健全な人は相手を変えようとせず、自分が変わる。
不健全な人は相手を操作し、変えようとする。

感情表現は、世界のどこでも必須です。それに比べれば、英語の上手い下手は重要ではない。

小説家になろう。そう決意したのは高校1~2年生の頃。山崎豊子氏の『白い巨塔』やイギリスのミステリーを読み、「一人の価値観が大勢の人の心を動かし、世の中を変えることもできるという、小説が持つ可能性」に魅了されたからです。

ページの先頭へ