マイケル・ポーターの名言|社会貢献とリンクした事業は模倣されにくい

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はいま、戦略についてプレゼンテーションをする際は必ず、戦略をより良いものにするために戦略と社会貢献のリンクをどう活用すべきかについて言及しています。事業戦略の社会的な側面は、製品の模倣や独自の生産プロセスよりも模倣することが難しいことが多いからです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プライド潰されて、失敗を経験した役者・泉谷しげるが獲得したのは、「預ける力」ですね。もうオレのやり方はこうだ、とかゴネない。自分自身は白いキャンバスになって、演出する人に好きな絵を描いてもらう。つまり、相手にお任せ、預けてしまうわけ。これができるようになって気持ちがラクになったし、出演依頼も増えたよね。

何のために働いているのかというゴールが見えなければ、人は走り続けることはできない。

新しいことに挑戦すれば、必ず失敗もする。だが、それがいい。準備不足が原因の失敗は良くないが、新しいことに挑んでした失敗を責めることはしない。責めれば社員が挑戦しなくなり、社員の成長が止まってしまうからだ。

投資には、虫と魚と烏の3つの目を使い分けるというのが私の主張です。目前で何が起きているか注意深く観察するのが虫の目。現在の流れや変化をつかむのが魚の目。目先の動きにとらわれず俯瞰するのが烏の目。

ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としても曖昧になってしまう。つまるところはモノですよ。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。

サラリーマンの財産づくりといっても、難しいことは考えなくていい。ある程度の規模があって、ビジネス基盤のしっかりしている企業を5社から7社ほど選んでおく。そして、暴落相場を待っては買い仕込む。後は値上がりを待って、その一部に利益確定の売りを出していく。そして、次の暴落相場でまた買うのだ。この繰り返しを淡々と続けていくのが長期投資である。そのうち複利効果が出てくることから、とんでもない財産づくりができてしまう。

説得力、専門知識、大局観など、CMO(最高マーケティング責任者)に求められる資質は非常にたくさんあります。人柄も重要です。組織の風通しを良くすべく、社内に敵をつくらないようにしなければならないし、好き嫌いで人を異動させたりするなどご法度です。新時代のCMOに求められる役割は、マーケティングの専門チームを率いる企業の変革の担い手です。

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。

教育の仕組みをつくるというのが僕の目標なので、そこまで含めたサービスを展開したい。

我々が「普通のクルマ」をつくったら、スバルがスバルではなくなる。個性的でお客様にとって使い勝手のいいクルマを、考えて考えて考え抜いて提供する。だからこそスバルが好きな人は圧倒的に支持してくださる。それが私たちの生きる道。

ページの先頭へ