マイケル・ポーターの名言|優れた事業戦略を構築するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、最も優れた事業戦略を構築するためには、社会貢献、社会問題解決のような社会的な側面を欠かせなくなっています。どんな企業でも、価値ある提案をするためには、社会的な側面をつけ加える必要があります。今日では顧客も取引先も、事業戦略に社会的な側面を持たせた企業を評価するのです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私にとっては、父の早い死そのものが「人生は有限なのだから全力で活きよ」という貴重な遺言だったんです。

どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。

お客様の立場で観れば、需要は必ず伸びる。

経営者が社員の倍以上働くのは当たり前。

その国、そこに住んでいる人を本当に理解するために努力をしなければいけない。同時に、日本のことを本当に知らなければ、外国を理解することはできない。

守りだけではなく、攻めに向けた策もとっていかなければいけません。目指すのはアジアでナンバーワンのリゾート施設です。

昨日と同じことをしないことがマンネリ化を打破し、脳に刺激を与えます。

真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。

私は、将来、百貨店がなくなることは決してないと思っています。現在の百貨店にお客様が満足していないのであれば、それは我々が、時代やお客様の変化に対応できていなかったためでしょう。あるべき姿を見つめ直し、お客様に支持される形に生まれ変われば、百貨店はこの先も必ず残っていくはずです。

すぐ諦めたり、逃げ出したり、いい加減な人というのは勝てない。

ページの先頭へ