マイケル・ポーターの名言|より持続的な競争上のポジションをつくるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会と企業との間で価値が共有されるようになるのは、社会だけでなく企業も利益を得られます。長い目で見れば、より持続可能な競争上のポジションを企業はつくりあげることができます。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時には、法的もしくは人としてのグレーゾーンに「踏み込むかどうか」という判断を迫られるケースもあると思いますが、クレドには「親に話せないようなことは、絶対にしません」という項目を設けています。これを判断基準にすれば、迷いは断ち切れますよね。

乱世になればなるほど我々は余裕というものを持たなければならない。余裕があって初めて本当にものを考えることもできる、本当に行動を起こすこともできるわけです。ことに善人は神経が細いから、なおさら本当の意味の余裕が必要であります。

米国の大学入試は、高校までの課外活動で何をして、どんな成果を残したのかが選考で非常に重視されます。学生は何をするのかを自分の頭で常に考え、その活動でリーダーシップを取っていかないといけない。

リーダーを育てるための教育システムもあります。具体的には、各段階で「P&Gカレッジ」というトレーニングを受けます。ユニークなのが、カレッジの講師の大半がP&Gの幹部であることです。社長を含め経営陣が先生になり、しっかりと育てていきます。

ビジネスの面白さは業界の常識を変えていくところでしょうか。僕らがやり始めたころ、生命保険をネットで買う人なんて誰もいないと言われていました。でも、いまや世界中の保険会社が僕らのところに話を聞きにやってきます。世界の生保業界で誰もやっていなかったことをやるのは、やはり面白い。

世界に冠たる米英の二大通信会社があれほどの業績不振に陥ることなど誰が予想できたでしょうか。私が下した経営判断によって日本テレコムが資本の論理に飲み込まれていったことに忸怩(じくじ)たる思いがあることは事実です。結果的に私が描いていたグローバルな連携による成長路線というものは実現できなかったのですから。しかし、グローバル競争の荒海に漕ぎ出すことを避け、日本国内に閉じこもっていたとしたら、日本テレコムの名はすでに消え失せていたかもしれません。
【覚書き|米AT&T、英ブリティッシュ・テレコム、日本テレコムの出資を受け入れたことについての発言】

自分は運がいい方だと感じています。でも、運は待っていても来ない。たぐり寄せるものだと思う。苦しい思いとか頑張った奴に運がついてくると考えている。だから選択を迫られたときに、いつも難しい方を選ぶんです。

ページの先頭へ