マイケル・ポーターの名言|企業が社会貢献するときは分野を絞って行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は地域の団体を支援し続けるべきですし、従業員がボランティアをしたり社会運動に参加したりすることを許容すべきです。このように良き市民であることは企業にとって必要なのです。ですが、それだけでは十分ではありません。事業戦略と社会との間に強い関係を築くことが不可能な分野に企業は最も力を入れるべきです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事上、TOEICで一定以上の得点が求められるような場合は、自分をなるべく英語の情報に囲まれた環境に置くことが大切です。具体的には、自宅に「英語の部屋」をつくる。目や耳から入るものがみな英語となる空間をつくり、そこで勉強する。あるいは、書店に行った際は必ず最後に英語のコーナーに立ち寄ってから帰る。背表紙を眺めたり、何冊かを手に取ったりしてコーナーの環境に身を置く、等々がいいでしょう。脳番地はその役割と関連する情報に数多く出合うことで伸びるのです。

お客様に最も近い人たちが、お客様のニーズ、地域の特性などをわかっているはずです。お客様のご評価を高めるためには、その人たちが何をしたらいいかを構想し、決断し、行動していかなければなりません。

ユーザーの声に耳を傾ける姿勢として、必ずしもそのままサービスに反映させていくことだけを意味しません。むしろ、現在の生の情報である「声」を、その業界・分野の過去の歴史と照らし合わせていく作業が大事なのです。

人生の中の長時間を仕事に費やすのだから、それを楽しまなければ意味がない。

大学受験に失敗し浪人していた頃、すがるものが欲しくていろいろな本を読んだ。

「お客さまが何を求めていらっしゃるか」を意識して60年間やってきました。

これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。

ページの先頭へ