マイケル・ポーターの名言|企業が社会問題解決に取り組むときは自社の専門分野で

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に変化を生み出すことができるのは、企業が事業活動に密接した社会問題の解決に取り組むときだと私は信じています。なぜなら、社会と共有できる価値を創造するのに必要なスキルや技術、人脈は企業活動の中に蓄積されているからです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アイデアを思いついたら、どのような形でもいいから、人に見てもらうことが大事だ。「もう少し磨いてから」と出し惜しみする人もいるが、1週間座禅を組んで考えたところで中身は変わらない。それよりも人の意見を聞いた方が、アイデアに深みが出る。

自己評価が高くても、顧客の満足を得られなければ、単なる自己満足にすぎない。逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。

フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。

現在は指名委員会も報酬委員会も監査委員会もすべて社外取締役のみで構成されています。後継者を決めるのは指名委員会なので、私も出来が悪ければクビです(笑)。委員会等設置会社への移行は日本企業の中でも早かったと思います。

血流のいい組織づくりが一番大切。そのよどみのない血流は、明るくおおらかな人物力をもったリーダーによって導かれる。

愛情は大切です。僕はいつも愛情の反対語は無関心だといっています。無視こそがコミュニケーションの最大の敵です。いかなるときも関心をもって人に接していくことが大事です。

情報は何でも集めればいいわけではありません。非常時に必要な情報の9割は事前に決めることができます。

ページの先頭へ