マイケル・ポーターの名言|CSR活動は宣伝だと考えると結果が出ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSR活動を宣伝と考えている限り、様々な取り組みに手を出して結果を出せないままに終わってしまいます。何をすれば本当に変化を生み出すことができるのか、そのことを考えなければなりません。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人の心、人の教育が企業風土をつくります。人づくりの基盤を失うと「あれっ」という事態が起こります。

リーダーに必要な資質とは何か――。よくそう聞かれるが、私は3つの最低条件があると考える。それは、強い思い、共感する力、そして統率力の3つだ。

これまでの回転寿司チェーンがやらなかった取り組みで、お客様に選ばれる店舗にしたい。

あなたは「やったのか」「できたのか」と結果だけを報告させていないだろうか。アウトプットだけでなく、プロセスも報告させ、それを評価してあげれば、誰もが仕事の面白さに目覚めます。他人からの評価を気にせず、自らの関心に沿って仕事が進められるようになるでしょう。多忙なのはわかりますが、もう少し部下の気持ちと向き合ってみてはどうでしょうか。

怒りは、心理学で言う二次感情であることがほとんどです。プライドが傷ついたり、不安であったりという、認めたくない一次感情を隠すために現われるものなのです。

私は、19世紀の産業革命に次ぐ、“ソフトウェア革命”がいま起きていると思っています。ソフトウェアによって世界中でいろんな仕事が機械に置き換えられてきている。シリコンバレーはその中核地です。ソフトウェアエンジニアは「自動化する側」で、ほかの仕事、特にサービス業やブルーカラーは「自動化される側」。自動化される側は職を失う危機にさらされる一方、自動化する側は巨万の富を手にする時代です。それがいま世界で起きていることだと思います。

楽しく過ごすことは、私にとって人生のテーマ。何をやるにしても楽しいことが見つけられるように、普段から心がけています。

ページの先頭へ