マイケル・ポーターの名言|企業戦略と社会問題の解決とを一体にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の社会的な問題への関与には、これまで「圧力政治」「CSR」というふたつの段階がありました。企業は次の3番目の段階に進む必要があります。それは価値を共有する段階です。この段階では、企業の事業戦略と社会とを結合させ、社会問題を企業の事業活動とは切り離して別の課題と見るのではなく、事業戦略と一体のものとして取り扱うのです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一代で何千人何万人を率いるまでに成功した方には、あらゆる立場の人の気持ちを忖度できる人物が多い。そして、傲慢な人は驚くほど少ない。
【覚え書き|忖度(そんたく)=相手の気持ちを推し量る】

成功している人は「運がよかった」と答えることが多い。しかし彼らは運よくやりたい仕事ばかりしてきたわけではありません。彼らは望まない仕事をするときも不運だと思わず、前向きに取り組み、貪欲に学ぼうとするのです。「運」は、こうした学びの姿勢から転がり込んでくることが多いのです。

日本の入試は中学から大学まで、答えはひとつであるという前提でつくられています。それに合わせて学校でも、答えがある問題を出して、その解き方を教えています。そういった教育を通して「答えはひとつ」と植えつけられているから、答えが出ない現実の問題に対応できない面があるのではないかと思います。

「いまはあらゆる商品やサービスが行き渡っているから、みんなモノを買わなくなった」という人もいます。そうした意見はたしかに世の中の一面を捉えているかもしれません。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。時代や状況に応じて、消費者のニーズは刻々と移り変わっていくものです。それを的確に捉えることこそが、商売の面白さだと私は思います。そして、その面白さを味わうためには、私たち自身も変化していかなくてはなりません。

自分から好意を示せば、相手からも返ってくる。

会話の最中にふと訪れる「沈黙」。多くの人が苦手に思うようですが、この沈黙は、実は自分を大人に見せるための絶好のチャンスです。テレビでもラジオでもそうですが、質問に対して即答するのではなく、少し考え込み、しばらくしてから答える人の言葉には、思わず引き込まれます。このとき、視聴率や聴取率も上がることがわかっています。

社長の熱心は、社員にうつる。熱心にやっておるから、皆がそうなる。我がことのように、皆がやっていくようになる。

ページの先頭へ