ジョセフ・スティグリッツの名言|若者の利点

若い人の存在はある意味で重要です。若者は年配者より行動が大胆ですから。

ジョセフ・スティグリッツ の経歴

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ユニクロの仕事をしないかと誘われたとき、アパレルのことは何も知らなかった。ローソンへ来ないかと声をかけられたとき、コンビニ業界とは無縁だった。誰かに導かれて、異業種にチャレンジする。こんなに楽しい仕事人生はない。

玉塚元一の名言|誰かに導かれて、異業種にチャレンジする。こんなに楽しい仕事人生はない。


先が見えない下積み時代だったが、ずっと「真実を見よう」とする意志は持ち続けていた。見たかったのは、小説の真実。いい小説とは何か、という問いへの答え。「自分の原稿が受け入れてもらえないのは、観念的すぎるからだろうか。では、観念を取り除いたら真実が見えるかもしれない」。そう考え、模索の上に見えてきたのは「小説は描写である」ということだった。

北方謙三の名言|真実を見ようという意志を持ち続けることの重要性


かつて英語に関して嫌な思いをしたとしても、今は嫌いな先生は目の前にはいませんし、つまらない授業を受ける必要もありません。嫌な記憶のある過去ではなく、英語を学ぶことでこれから訪れる楽しい未来に目を向ければ、英語への向き合い方も変わってくるはずです。

西澤ロイの名言|過去の嫌な記憶ではなく、楽しい未来に目を向けることが大切


私が悩んでいたら妻が「それはこっちでしよ」とあっさり言うの。「おい、俺、それが決断できねぇから苦しんでいるのに……その根拠は何だ?」と聞くと、「だって、こっちがやりたいことなんでしょ」と。その通りなんです。そういうことは本人よりも側にいる人のほうがよく見えているということがあるんだ。単純に考えなければ、いろいろな要素が絡み合い過ぎて、結局何に悩んでいるのかもわからなくなる。これは妻から学びました。

高橋和志の名言|単純に考えることの大切さ


もし、いい加減な気持ちで環境問題を考えていたら、とっくの昔にやめていたでしょうね。マスコミに叩かれてまでやることはないと……。でも、近い将来、必ず環境問題が注目され世界的問題になるという確信かあったからこそ、叩かれることで余計、私の決心は強くなっていったんじゃないでしょうか。

アントニオ猪木の名言|確信かあったからこそ、叩かれることで余計、私の決心は強くなっていった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ