ジョセフ・スティグリッツの名言|若者が減っても経済成長は可能なはず

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は少子高齢化社会に突入しています。しかし、若者が減少したとしても、経済成長は可能なはずです。若年労働者がゼロになるわけではなく、調整が必要なだけです。


ジョセフ・スティグリッツ の経歴

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議は30分というルールにしています。そこで結論を出さないとまた集まらなければいけませんので、いやが応でも集中した議論になります。

一連の賃上げについては、非正規社員に対しても分け隔てなく実施してきた。社員数が少なく、家族的な経営をしている当社では、非正規社員を差別すれば不満がたまる。

私の好きな禅語に「梅三千世界香」がある。日本人の多くは桜の花を愛でるが、禅ではむしろ梅を愛でる。梅は厳しい寒さの中で百花に先駆けて可憐な花を咲かせ、馥郁(ふくいく)たる香りを放つ。香りとは、実に不思議なものだ。目には見えないのに、人々をいい気持ちにさせたり、不快な気持ちにさせたりする力を持っている。梅の香りは、わざわざここに咲いていると主張したりしないのに、周囲にいる人々の気持ちを和ませ、楽しませる力を持っている。信頼とは、この梅の香りのようなものではないだろうか。ことさら「俺は信頼できる人間だ」などと叫ばなくとも、信頼に足る人間か否かは、自然と周囲に伝わっていく。それにはまず、信頼を得たいと願う心の囚われを捨てることだと、梅の花は教えてくれるのである。

「決断できる人」は、決めないことで、チャンスを逃すなどのデメリットを十分わかっているので、迷っている時間を嫌います。新規事業に興味があれば、すぐに応募するでしょう。自分が納得できる条件さえクリアすれば、すぐに決断、行動につなげられるのです。

人相に学歴は出ません。生涯をかけた努力が顔に出る。

お客さまが本当にお困りになっていることは直接聞かないと分からない。実際に顔を合わせて、同じ目線、同じ立ち位置、同じ気持ちで取り組むことを大切にしています。

これまで私は目標とかを言わない方だったけど、はっきり口に出すことで自分に言い聞かせることにしたんです。そう思わないとこの地位(横綱)はやっていけませんから。

ページの先頭へ