ジョセフ・スティグリッツの名言|若者が減っても経済成長は可能なはず

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は少子高齢化社会に突入しています。しかし、若者が減少したとしても、経済成長は可能なはずです。若年労働者がゼロになるわけではなく、調整が必要なだけです。


ジョセフ・スティグリッツ の経歴

ジョセフ・E・スティグリッツ。アメリカ人経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。インディアナ州出身。アマースト大学卒業後、マサチューセッツ工科大学大学院、ケンブリッジ大学大学院で学ぶ。その後、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、コロンビア大学などで教鞭をとった。そのほか、クリントン政権で大統領経済諮問委員会委員長、世界銀行上級副総裁、世界銀行主席経済学者などを務めた経済学者。主な著書に『スティグリッツ公共経済学』『スティグリッツ入門経済学』『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』『人間が幸福になる経済とは何か』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ