スティーブ・ヴァンアンデルの名言|理念を基礎に社会貢献を行う

私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。

スティーブ・ヴァンアンデル の経歴

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある条件について部下から、「これはもう決めです」と言われても、「本当にそうか」と少しでも疑念があり、自分で納得できなければ躊躇せずに戻す。逆に自分が納得できれば、周りが躊躇しても決断すべきです。

機会は等しく全員に与えますが、その機会を自分でつかもうとする人にしか手はかけません。人材育成で全員の底上げだけをやっていると、平均点は上がっても尖った人が出てこなくなります。

役者は舞台の上だけで稼ぐもんや。それ以外のことでおカネを儲けたら、余計なものが入り込んで汚れてしまう。

実際のゲームが事前の想定どおりに進むなんてことはあり得ない。あらかじめ決め込んでしまうと、かえってピッチの上で柔軟なプレーができなくなってしまう。

私は常に研究のことを考えていますが、義務感からではなく、好きだからやっているのです。興味なしに長年続けても、やり抜く力があるとは言えず、偉業も生まれません。とはいえ、何に興味があるか、最初の時点でわからないこともありますので、拙速に投げ出すべきではありません。

やることには、やらなければならない受動的なニーズと、将来の目標に基づく能動的なウォンツがあります。人から言われたニーズだけをメモにした「やることリスト」は単なる備忘録にすぎません。夢の実現を目指すなら、ウォンツをよりリストアップしていくべきです。

企業において掲げられる数字には、コミットメント(達成責任)が伴うというのが私の考え方です。予算にせよ、ノルマにせよ、決まった以上は単なる努力目標ではなく、必達目標でなければなりません。

ともかく、ぶれないことが大事。結局、親としても夫としても、自分らしくやっているかが大事ですよ。自分らしく父親をやる。自分らしく旦那をやる。そして判断は相手に委ねるしかないって考えて生きていかないとね。

ビジネスで大きな決断を迫られるとき、情報やそれに基づいた分析力や論理力も必要ですが、最後は「動物的な勘」で決断してきたことが多いように思う。

会社においては役員会を除けばものごとが多数決で決定することはない。したがって派閥の力学が発揮されるのは役員会だけで、それ以外は百害あって一利なしといえる。経営面からみると、派閥は会社の内側だけのもの、自己利益だけのもので、そこには、お客様や株主は存在しない。

ページの先頭へ