大嶋章禎の名言|一人一人の創造性を連合して前進する

このエントリーをはてなブックマークに追加

今までにないものをつくる企業では、社員一人一人の創造性をつなげていくことが大切です。そこで私は社名に「連合」という意味を持つ「アライド」という言葉を付けました。「テレシス」は、知的にものごとを考えて前に進むというギリシャ語です。一人一人の創造性を連合して前進する、これが社名の意味です。


大嶋章禎 の経歴

大嶋章禎、おおしま・たかよし。日本の経営者。ネットワーク関連機器とソリューションの企画からメンテナンスまでを一括して行うアライドテレシス・ホールディングスの創業者。東京出身。フロリダ州立大学卒業後、国際通信企業、半導体製造企業、データ通信企業日本法人社長などを経てアライドテレシスを創業した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

100万円あったとき、普通の人は一部のお金を贅沢に使い、残りを貯金するというパターンが多い。一方ビジネスマインドを持っている人は100万円をどう使うと101万円になるかと考えている。一代でミリオネアになった人に話を聞いても、20代で貯蓄をしていた人はほとんどいません。事業や投資を始めるために貯蓄することはあっても、無目的に貯蓄はしていないのです。

一日を細かく区切って、仕事の計画を作成してみることをお勧めします。最初は実行できない無理な計画を立ててしまうかもしれませんが、まず自分の仕事量を知ることが大切です。

部下に対して努力した部分を褒めながら、相手の様子を見ましょう。「この人にはもう少し強く言っても大丈夫だ」などと確認しながら、段階的に叱ったり、指導したりするとよいでしょう。女性は問題点をダイレクトに伝えなくても、会話の中で自分で気づくケースが多い。一方、男性はトーンを抑えて叱ると「これでいいんだ」と思う傾向があります。なめられないためには、論理的に問題点を伝えることが必要です。

歴史上の人物の言葉や辞世の句が好きで、なるほどと感心するものがあると、すぐ手帳に書き写しています。第二代住友総理事を務めた伊庭貞剛が1904年に54歳で職を辞する際に述べた「事業の進歩発展に最も害するものは、青年の過失ではなくて、老人の跋扈である」という言葉もそのひとつです。

「悩み」は自分を変える人生最大のチャンス。

必要なのは最後までやり遂げる執念、熱意、そして情熱です。部門長は自分自身が覚悟を決めてマネジメントしてほしい。もはや「できる、できない」ではありません。「やるか、やらないか」が問われているのです。

目的意識を持って仕事をすることが重要です。そうすると、課題解決に対する勘が冴えてくるようになるからです。

ページの先頭へ