大嶋章禎の名言|社内コミュニケーションの一体化を

このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルで仕事をするときは、組織内の人間同士のコミュニケーションをとることが非常に難しい。欧米の人も、日本人も、文化的なバックグラウンドはみな違います。一体化しないと、会社として動けません。


大嶋章禎 の経歴

大嶋章禎、おおしま・たかよし。日本の経営者。ネットワーク関連機器とソリューションの企画からメンテナンスまでを一括して行うアライドテレシス・ホールディングスの創業者。東京出身。フロリダ州立大学卒業後、国際通信企業、半導体製造企業、データ通信企業日本法人社長などを経てアライドテレシスを創業した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「オレだってその気になれば、こんな部署でくすぶってる人間じゃないんだ。でも上司があれじゃ、やる気も出ないよな」などとうそぶいている人が職場に1人や2人いるのでは。こういう人は、たとえ上司が代わっても、決して頭角を現したりしません。本当にやる気があるなら、つべこべいわずに今出しなさい、という話です。

面白いけど構造が複雑すぎて高い。自分ならもっとシンプルで、安いものを作れると思ったんです。
【覚書き|国際見本市で戻り止めナットを見たときを振り返っての発言。絶対に緩まないネジの発明のきっかけとなった。】

我々のミッションは、世界中のビジネス・プロフェッショナルの生産性を高め、成功させること。

直感は大事ですが、それだけだと失敗する確率が高いので、直感をロジカルに分析し、もれがないようにする。これが重要。

営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。

現状よりも良くするには、次にどうすればいいか、絶えず考えること。私の息子にできるアドバイスもそれしかないと思うんです。昔を振り返らない。むしろ先を考えていく。ロケットみたいにぐんぐん進むだけだと。

人間とは奇妙な奴だ! 自分が持っている自由は決して使わないのに、いつも自分の持っていない自由を望む。

ページの先頭へ