榊原定征の名言|多様な価値観の人材を集める

このエントリーをはてなブックマークに追加

閉じこもった世界では価値観の多様化は進みません。海外からいろいろな人材を集め、切磋琢磨してこそ、国際的に先頭を走る発想が出てきます。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中の人だったら、しがらみを切ることはできない。やはり、自分が大事ですから。外から来られた方にバシッと切られれば、時には悔しいこともありますが、やられてみれば「なるほど」と思うことがたくさんあるわけでして、これは大きなポイントでした。
【覚え書き|樋口廣太郎社長時代の経営再建について】

常に時代の要請は何かということ。そういう考えで時代や社会を見ながらやってきた結果が今の事業のポートフォリオ。

一人ひとりの社員を大切にしてはじめて、経営者は社員から信頼される。私もこのことが分からず、「お客様を大切に」と社員に訴えていたころはうまくいきませんでした。そうではなくて、私が最も大切にするのはあなたたち社員とそのご家族ですよ、と。それができたとき、経営者と社員の信頼関係が生まれます。すると社員は経営者が望むことのために力を尽くしてくれます。

組織を一枚岩にできたら、すごい力を発揮する。一人の天才を育てるより、優れた指導者を増やすことで会社の力を上げる。

常に引き締めていないと、みんな他人のせいにして言い訳をします。

節約一辺倒は必ずしも正しくありません。企業風土を変えるためには、適切なコストを費やす勇気を持つことも必要です。そのうえで、持続的成長のためのコアビジネスと周辺・新規ビジネスで具体策を講じていきます。

経営をするときは、できるだけ多くの店舗を訪問するようにしました。それでも頻繁に訪問することは不可能なので、店舗のリーダーあてにメールで「社長からの手紙」を送り続けました。社長室とお店との距離を縮めることで、理念、ミッションの深化、浸透を図りたかつたのです。

アイデアという点では、ギリギリまで考えないという方法もあると思います。たとえば、新しいメニューを考える必要がある場合、前もって考えるのではなくて、あえて締め切り直前まで考えないで自分を追い込んだ方が斬新なモノが思い浮かぶんです。何もしないで放置しておくのは無謀だけれど、キッチリと段取りをしたうえで自分を追い込むというのはひとつの方法だと思います。

なかなか仕事が進まないときは、まず第一歩を踏み出す。執筆の仕事でいえば、誰が見ても駄目だという駄文でいいから、とりあえず一文書いてしまうんです。すると、その一文から次の一文が浮かんでくる。じっと考え込んでも、たいがいは思考停止状態ですからね。

自分が何に向いていて、何をすれば周囲に認めてもらえるかを一生懸命探していれば、必ず仕事のチャンスはくるし、そういう人のところに運も巡ってくるんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ