原口博光の名言|年上であろうと中途半端な仕事をする部下は厳しく叱る

年上だからといって、部下におもねる必要はありません。部下が裏付けのない中途半端な報告をしてきたとき、私は烈火のごとく怒ったことがあります。そのときついたあだ名が「ターミネーター」です。まあ、そんなあだ名で呼ばれていることを私が知っているくらいですから、職場の雰囲気は明るくなった。そうポジティブに考えています(笑)。

原口博光(経営者) の経歴

原口博光、はらぐち・ひろみつ。日本の経営者、官僚。100年以上続く老舗のタイルメーカーのダントーホールディングスの社長。埼玉出身。東京大学法学部卒業後、経済産業省に入省。IT企業シナジーマーケティング監査役を経て、ダントーホールディングスに移籍。取締役、社長室長などを経てから32歳で社長に就任。ダントーキャピタルの社長も務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何度も連続して大失敗をしたら、話は別かもしれませんが、1回の大失敗で責められることはありません。これはアーリン(創業者のアーリン・パーション)が社長だった時代、腕利きのバイヤーが仕入れたニットがまったく売れずに、多額の損失を出したことがありました。さすがにバイヤー本人はクビを覚悟していたのですが、アーリンから呼び出される気配はない。とことが、忘れたころに突然呼び出しがかかったそうです。アーリンは責めるわけでもなく「次のシーズンは何が来ると思う?」と尋ねたそうです。そして、ひと通り話したあと「あのニットが売れていたら、きっと大きな利益を生んだに違いない。私はそれを理解している」と言いました。

ハンス・アンダーソンの名言|部下の失敗を叱るより、チャレンジした姿勢を褒めることの重要性


上司が叱ることができないから「話し合いましょう」「よく説得して」と別の手段を持ち出すことになるわけです。しかし、叱ることと話し合うことや説得することは、まったく違います。叱るというのは最後の手段です。その前に、「教える」「注意をする」というステップを踏んでいます。そのうえで、部下が何回注意されても直さない。たとえば、いくら言っても遅刻を繰り返す。そういうときに、上司は頭に来るわけです。感情を込めて「何やってるんだ、お前!」と怒るのです。本当はそうすることは自然です。

染谷和巳の名言|叱る、話し合う、説得するはそれぞれまったく別物


本来仕事とは、定めた目標に近づくための行動の積み重ねです。その際に褒めるというのは、目標達成のため望むべき行動を増やすための行為で、反対に叱るとは、目標達成のためにすべきではない行動を減らす行為を指します。

石田淳の名言|褒めると叱るの使いわけ


お前を5分叱ることで、お前はわしを2時間も3時間も占有したんやど。わかっとるやろな。わしがもう何も言わんようになったら終わりや。わしが叱ってるのは、お前に期待してるからや。
【覚書き|部下を叱ったときの発言。氏は叱る前日からどうやったら部下に理解させることができるかを何時間も考えてから叱った】

堀場雅夫の名言|部下を叱るときは何時間も考えてから


スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。

岩片和行の名言|スタッフの言い分もしっかり聞くことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ