桑畑英紀の名言|頭ごなしに部下を叱ることは不祥事の温床となる

ミスやクレームが発生したとき、いかに早く報告させるか。そのためには、「早く報告して良かった」という実感を部下に持たせることが大事です。結果だけを評価して、頭ごなしに失敗をなじる。これは最悪の対処法です。ある部下が、トラブルを未然に防げなかったとします。でも、報告してもろくに経緯も聞かずに怒られるだけだと思い、しばらく取り繕って隠していた。そして、問題は日増しに大きくなって……。不祥事が生まれる典型的なパターンです。

桑畑英紀 の経歴

桑畑英紀、くわはた、ひでき。日本の組織・人事コンサルタント。九州大学経済学部経営学科卒業後、沖電気工業人事部門マネジャー、沖電気米国法人マネジャー、フィリップモリス日本法人人事責任者、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングで組織・人事コンサルティング部代表、取締役などを経たのち独立しイマージェンスを設立。そのほか、りそな銀行社外取締役、電通アライアンスパートナーなども務めた。主な著書に『強い組織をつくる 設計から導入・運用までの実践的手法を解説』『死に至る病から会社を救う 企業統治・風土改革の実践手法』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一回叱ったくらいでよくなるなら誰も苦労はしない。人は繰り返し何度も何度も叱られてようやく身につく。

矢野博丈の名言|人は繰り返し叱られてようやく身につく


経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。

家本賢太郎の名言|叱るときは相手が間違いを気づくように


「よくそんなことを思いつきましたね」と言われますが、僕は逆に「何で常識に従うんだ」と叱るんです。人と違うことをやろうと考えているんじゃなく、どうすればお客を喜ばせられるかを絶えず考える。すると常識を壊さなきゃいけなくなるってことなんです。

高橋がなりの名言・格言|何で常識に従うんだ


私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。しかし、叱られるのは、その人が積極的にチャレンジしている証拠です。社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。

永守重信の名言・格言|積極的にチャレンジしている人を叱る


叱るという行為は、人間の活動の中でももっともエネルギーを使う行為の一つです。新日本プロレスでも、プロレスラーの真壁刀義さんや他のコーチが若手を厳しく指導していますが、あれは「お前と一緒に歩いていくぞ」という覚悟がないとできません。

棚橋弘至の名言|叱るという行為は、人間の活動の中でももっともエネルギーを使う行為


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ