大前研一の名言|人間が変わるための3つの方法

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の規模を拡大することよりも、今後さらに進む社会の高齢化に薬局として何をなすべきかを考えていくことが大事。

新関一成の名言|何をなすべきかを考えていくことが大事


長年同じ仕事を続けていると、人間はどこに問題の本質があるかを見極める能力が次第に低下してきてしまう。また、ひとつの経験が深くなってくればくるほど、新しいことを学ぶ能力も落ちてくる。そうしたことから、私は問題解決能力や学習能力、思考力を磨くためには、積極的に過去を捨てて、新しいことにチャレンジすることが一番良い方法であると思っている。

田崎正巳の名言・格言|成長し続けるには過去を捨て、新しいことにチャレンジする


他人に依存して「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない。

吉田忠裕の名言|「商売しやすい環境をつくって欲しい」と言ってどうにかなるものではない


変化に対応していくためには、利益率が大きくなければなりません。規模ではなく、大切なのは利益率です。いくら売上規模が何兆円あっても、営業利益率が3%程度では、変化のための投資にお金を回せません。仕方なく銀行から借り入れることになりますが、他人の資本を入れてしまうと経営に口出しされて、どうしても横並びの前例主義にならざるを得なくなる。その結果、大胆でスピーディーな経営判断ができなくなり、変化に対応できなくなってしまうのです。これが、日本の多くの大企業が陥っている悲劇です。

大山健太郎の名言|大切なのは利益率


何を頼むにしても、相手を尊重する気持ちを忘れない。これは人とコミュニケーションするうえで欠いてはいけないことのひとつです。

堤清二の名言|相手を尊重する気持ちの大切さ


リクルート在籍当時の私の目的や目標は、営業成績の結果を出すことと、お客様に喜んでもらうこと。じゃあ、そのためにどうするのかといったら、誰よりも働くしかないと思いました。資料を集めて下調べをして、わからないことは社内の詳しい人から教えてもらう。そして、できるだけ多くの顧客を訪問しました。最初に目的や目標を定めたからこそ、時間やお金の使い方も必然的に決まったわけです。

経沢香保子の名言|目的や目標を定めれば、時間やお金の使い方も必然的に決まる


資格の取得には時間とお金がかかります。これは紛れもない「投資」。だからこそ、そこで得られる効果はしっかり精査されるべき。

冨田和成の名言|資格の取得で得られる効果はしっかり精査されるべき


圧勝するのはつまんないじゃないですか。

北島康介の名言|圧勝するのはつまんないじゃないですか。


長い間、企業の歩みをみているが、経営は人に帰結する。

村田昭治の名言|長い間、企業の歩みをみているが、経営は人に帰結する


そのときはわからないけど、40代や50代になったときに、30代で頑張っていなかったらいまはないんだなぁってすごく実感すると思います。

堤真一の名言|過去に頑張っていなかったらいまはない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ