大前研一の名言|人間が変わるための3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、判断を間違えることよりも、判断を先延ばしにして何もしないことの方が、問題だと思っています。大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるからです。

大きなヒット商品は、順境のなかよりも、得てして厳しい状況のなかで生まれる。

元々、事業の草創期というのは、まずは地域の人々の暮らしが豊かになるように、また何らかの形で地域のお役に立つように、という思いがあってスタートしているはずです。新庄(あらしょう)の起こりである雑貨の販売やガソリンスタンド、運送業などは典型的な地域密着事業です。ところが、企業の規模が次第に大きくなったり、あるいはトヨタの冠のもとで事業を行なうことが主軸になってきたりすると、どうやって売上を拡大するのかといった目先の経営指標に目的が変質し、元々あった起業家精神や創業の志を見失いがちになります。ですから、我々が事業を通して本来何をするべきなのかを常に示すために、「NEZAS(ネザス、根ざす)」を社名にしたのです。

精一杯、自分のできることを積み重ねていくと、そこには信頼の山ができているはず。

おもてなしは、単なる接客サービスとは違う。相手に心地よく感じてもらうために、相手の状態を察して、それに適した対応をするべく、気配り、創意工夫をすることがおもてなしの本質だ。「まことの心」、すなわち誠心誠意をもって相手に接することともいえる。

自信のあることは照れずに表現しないと、周りに評価されないばかりかチームのためにもならない。NASAにはそういう雰囲気がある。

人生を振り返ると、90%は先人たちの言っていることのほうが正しい。だから、制限を外して考えることの難しさはよくわかります。でもそれを乗り越えなければ、新しいものが生まれないのも確か。そう考えると、発想法の前に、まずはセオリーからはみ出す「勇気」を持つことが必要なんだと思いますね。

少子化、人手不足が進む中、1人あたりの生産性が、さらに重視される時代が来る。それを全社で意識していかなければ会社の発展はない。

プレゼン力は自分で評価するものではない。聴き手が評価するものだ。

従業員が作業でミスを犯した場合、問い詰めるのではなく、「あなたのような優秀な人がミスをしたというのは、何か心配事でもあるのではないか」と優しく声をかけるようにしています。

ページの先頭へ