大前研一の名言|人間が変わるための3つの方法

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時にはこちらの話の腰を折って自分の話を始める相手や、こちらが関心のない話題を延々と続ける相手もいるでしょう。これを嫌がらず、チャンスと捉えること。それこそが、その人の趣味や価値観、人となりを知る機会となるからです。

櫻井弘の名言|人の話を嫌がらずに聞く


いま市場において圧倒的なポジションを獲得しているビジネスは、顧客から指名検索(企業名、商品名、サービス名の直接検索)で検索されています。そして、ライバルなきフィールドにおいて、圧倒的な安定性と成長性を実現しています。だからこれらのビジネスは、「営業や広告をしなくても、顧客を集めることができる」のです。

神田昌典の名言|いまの市場で圧倒的なポジションを獲得しているビジネスの特徴


情報はたくさん持っていてもあえて知らないふりをして、相手にしゃべらせる。相手も心を開いて信頼感を持つことにもなるし、自分の考えと力で解決したいという実感を持たせることができる。

島田久仁彦の名言|あえて知らないふりをして、相手にしゃべらせる


どんなに偉大な親も創業者もいつかは自分の前からいなくなる。大樹に寄りかかる居候や寄生虫のような生活なんて、長く続くはずがないんです。自分をずっと甘やかしてくれる大樹なんて、どんなに探しても見つかりません。そんなものを探す暇があったら、自分自身の生きる力を磨くべきです。

堀之内九一郎の名言|自分自身の生きる力を磨くべき


ストレスとは「主観的な負荷」を指す言葉で、人にストレスを与える環境的な刺激はストレッサと呼びます。外的な要因であるストレッサに対して個人が感じる重圧がストレスです。したがって、同じストレッサに対しても、それにストレスを感じるかどうかは、個人によって差があるのです。

池谷裕二の名言|同じことに対してストレスを感じるかどうかは個人差がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ