大前研一の名言|人間が変わるための3つの方法

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はゲームソフト製作の陣頭指揮を執っている時、「今までと同じものを作るな」と繰り返し言い続けていました。しかし、100種類のゲームソフトを販売したとしても、その内のほとんどは過去に発売されたソフトと似たり寄ったりのソフトで、新感覚なものは数本でした。しかし、ヒット商品はこうした新感覚の数本の中から生まれてきます。

福嶋康博の名言|今までと同じものを作るな


お金があることで、たとえばある日思い立ってヨーロッパまでオペラの公演を見にいくことができる。そういう時間をつくることができることにも、お金が関わっていますよね。知的な好奇心を満足させるために必要なお金を求めること、そのお金を得られるレベルの人になりたという野心を持つことが、どうしてマイナスのイメージで捉えられるのでしょう。野心は悪者と、なぜ思うのか。私はむしろ、野心を持って自分を引き上げていこうという姿勢を、いまの日本人はもう一度取り戻すべきではないかと思い

林真理子の名言|日本は野心を持って自分を引き上げていこうという姿勢を、もう一度取り戻すべき


付き合いのゴルフや会食はビジネスのネットワーク作りには必要だ、という意見もあるかもしれませんが、ネットワークが本当に自分のパフォーマンスに好影響を与えるのかはずっと疑問でした。あちこち顔を出してネットワーク作りに励んでも、すぐに成果が出るわけでもないので効率が悪い。だったら、興味のない会食や、得意でもないゴルフにわざわざ行く必要はないだろうと思いました。

星野佳路の名言|疑問に思っていることはやめてみる


メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。

岸上克彦の名言|メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


新人が熟達者から学んでいく学習過程を認知的徒弟制度と名付けたのは米国の認知学者ブラウン(ジョン・シーリー・ブラウン)だ。学ぶ過程は4つの段階に分けられる。

  1. 弟子が親方の仕事を見て学ぶ(モデリング)
  2. 親方が手取り足取り弟子を教える(コーチング)
  3. できそうな仕事を弟子にやらせてみて、できそうもない仕事は親方が支援して完成させる(スキャフォルディング)
  4. 親方が手を引いて自立を促す(フェーディング)

みなさんの職場では、新人はこの認知的徒弟制度の関係下に置かれているだろうか。そうでないのに新人が育たないと愚痴るのは怠慢以外の何ものでもない。

見舘好隆の名言・格言|米国の認知学者ブラウンの編み出した新人育成法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ