堀江薫雄の名言|たとえ間違った意見でも、黙っているより勝る

横浜正金銀行(のちの東京銀行)では、「たとえ間違った意見でも、黙っているよりは勝る」という考え方が強かった。何事にも意見を持てということであり、これは行員対支店長、支店長対重役、重役対頭取いずれの場合もそうであって、オピニオンとオリジナリティのない者は駄目とされていた。大多数の正金の人間が、いつも勤勉努力して、緊張感を持ち続けてきたのは、おそらくこのせいではなかろうか。

堀江薫雄 の経歴

堀江薫雄、ほりえ・しげお。日本の経営者、経済学博士。東京銀行頭取。徳島県出身。東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、東京銀行の前身である横浜正金銀行に入行。海外支店に勤務。終戦後、横浜正金銀行改組室長に就任し、東京銀行への改組を担当。取締役、常務、副頭取、頭取、会長を歴任。国際金融問題の権威で、経済審議会、関税率審議会などで活躍。東京大学、京都大学で講師として国際金融論を教えた。主な著書に『国際為替金融講話』『国際金融講義』『国際通貨基金の研究』『国際経済論』『国際金融』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内では組織図がなくても、自然にフォーメーションができて、優秀な人が統括するようになっています。生き抜くために集団をつくるサルと一緒です。いくら組織図をつくっても、機能しなければ組織とはいえない。

貞末良雄の名言|いくら組織図をつくっても、機能しなければ組織とはいえない


カタカナで言葉の意味を曖昧にしようとする作為には厳重な注意が必要。

浅野純次の名言|カタカナで言葉の意味を曖昧にしようとする作為には厳重な注意が必要


リストラの波を乗り切るには、「もの」ではなく「新しいサービス」をつくり出す力をつけること。新しいビジネスモデルをつくり出せる人材が、企業にとって戦力となる。

田中栄の名言|「もの」ではなく「新しいサービス」をつくり出す力をつけることが大切


嫌われる人は、過去の成功体験に固執し、頑固に自分のやり方を押しつける人。そういう人が陥りがちなのが「べき論」です。物事はこうあるべき、こうしなければいけないという思い込みが強い。そういう人は敬遠されます。逆に好かれる人は思考が柔軟です。物事をいろんな角度から見ることができる。そういう人は他者の意見もしっかりと聞くことができるので、人から好かれ信頼されるのです。

松橋良紀の名言|好かれる人は思考が柔軟


私が通っていた高校には、3年生になったら1、2年生からお金を巻き上げるという悪い伝統がありました。この習慣をどうしても変えたくて、3年生で生徒会長になったときに同級生たちと話し合いを続け、なくすことができました。講堂に同級生の男子生徒150人を集めて「もうやめようよ」と提案したのですが、最初は「ふざけんな」という反応でした。1、2年生の間はずっと我慢して、ようやくお金を取る側になったのだから、ある意味で当然の反応です。サッカーをやっていて体は強かったのでいじめられたりはしなかったですが、ずいぶん陰で笑われていたようです。途中から言い方を変えました。最初は「間違ったことはやめよう」だったのですが、それだと反発があってうまくいきませんでした。そこで半年後から「自分たちでいい学校をつくって、歴史を変えよう」と方針転換したところ、共感してくれる人が増えてきて、いろいろな悪い習慣がなくなりました。

慎泰俊の名言|説得するときは人が共感しやすい言葉を使う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ