松永安左エ門の名言|機材はそのときの最高のものを設置する

このエントリーをはてなブックマークに追加

そのときそのときの最高のものを設置するのが私の流儀で、これはいまでも同じ考えである。
【覚書き|東邦電力社長時代、名古屋に火力発電所をつくった当時を振り返っての発言。その発電所はアメリカでもほとんどなかった最新式だったため、ニューヨークタイムズで大きく報じられた。また、最新鋭の機械は技術者の育成にも役に立った】


松永安左エ門 の経歴

松永安左ヱ門(三代目)、安左エ門、まつなが・やすざえもん。日本の電力王。長崎県壱岐出身。父の急逝のため慶応義塾を休学。三代目松永安左エ門(実祖父の兄である初代は壱岐で商人として幕末から明治初期に裸一貫から財を成した。二代目は氏の父、若くして亡くなった)を襲名し家業を立てなおしたのち弟に任せて慶應義塾に復学し卒業。その後、日本銀行などに勤めたのち、福沢諭吉の養子の福沢桃介と商売をはじめたものの30代で鉱山経営に手をだし財産のほとんどを失う。その後、福博電気軌道専務を経て、九州電気常務、東邦電力副社長・社長などを務め、九州、関西、名古屋で電気事業を展開した人物。東京電力の設立者でもある。博多商業会議長会頭、衆議院議員なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々はかなり前から不確実な世界で暮らしている。だから、用心を怠ってはならない。

人と話すときは失敗を気にし過ぎないことも大事です。ある心理学実験によると、人は20分経つと、話していたことの42%は忘れているそうです。二度三度と繰り返さない限り、記憶はどんどん薄れるもの。あがりやすい人はえてして失敗を引きずりがちですが、「20分後には半分忘れているんだ!」と思って、気楽に構えましょう。

人は「楽しく仕事をする」ことを続けていくうちに、いつの間にか「仕事を楽しむ」ようになります。

僕はみんなに好かれようと思ってやっているんじゃない。

英語ができればインターネットでの情報収集力で差がつけられます。また、世界的にM&Aが増加しており、ある日突然英語を話す上司の下につくという可能性も高いのです。

お客様の心をつかむためには、まず挨拶です。お客様が入店されたら、とにかく笑顔で、大きな声を出して挨拶をします。基本中の基本ですが、その際のポイントは、2秒以上お客様とアイコンタクトをとることです。こうすると、お客様に安心していただきやすいのです。

疲れを取り健全な心身を作るための最も手軽な方法は、しっかりとした睡眠を取ることです。本来は、良質な「睡眠・運動・食習慣」の3つが重要ですが、中でも睡眠は、今日からでもすぐに改善できるポイントとなります。

ページの先頭へ