大前研一の名言|自動車産業は努力する方向が根本的に間違っている

努力する方向が根本的に違う。私がトヨタや日産自動車のトップなら、持てる政治力のすべてを使って、課税を含めた車のランニングコストを安くする。一方で中古車買い取り価格を高くして、少なくともアメリカやオーストラリア並みにする。維持費がリーズナブルになって中古車がまともに査定されるようになれば、車を持つペナルティも減り、楽しさも復活するだろう。また、そうでなければ日本の産業を支えてきた自動車業界は衰退期に向かって転がり落ちるだけである。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

資金繰りは厳しかったですが、気持ちが折れることはなかったですね。一番大きな後押しは、実証試験の現場で、介護施設の人たちが「これはいい」と評価してくれたことです。

右肩上がりの成長時代が終わったいま、みんなで幸せになれる成功モデルはなくなりました。成熟社会では、個人がそれぞれの価値観で独自の幸せを追求しなくてはなりません。いわば正解のない時代なのです。

ポメラも開発会議の時、「これは売れないな」と思ったが、実際出してみたら逆だったし、「若者が買う」という想定と違って主な購買層は40~50代だった。だから、開発会議に上がってきたものは駄目出しをせず「とにかく出してみろ」「三振してもいい」と言っている。

ダラダラ話されるのは一番困る。結論を最初に述べるという習慣をつけることが大切だ。理由はその後でいい。最初に「今日のプレゼンで伝えたいことは3つです」と言う。そうすると聞くほうは、準備ができて理解しやすい。

大きな可能性を秘めた技術を数多く展開していますが、その技術を生かせるニーズをすべて把握しているわけではありません。むしろ私たちが知らないニーズが、社会の至るところにあるのではないかと思っています。そこで、これまでかかわりが少なかった異分野や他の業界の皆さんと交流する機会を増やすつもりです。それによって私たちの技術の応用を広げ、社会の発展に一段と貢献したいと思っています。

成功とは、情熱を失わずに、失敗から失敗へと進んでいく能力である。

成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。

絶対にその目標を達成するという強い気持ち。その気持ちが強ければ強いほど自分のアンテナの感度が高くなり、必要なものや情報、やるべきことも見えてきます。

この会社に来た当時は、ストライキ発生件数で上場企業中断然トップという会社です。経営と組合間に話し合いの回路は途絶したまま。昼休みには社内で堂々と就職情報誌が読まれる風土でした。そこで組合の言い分を聞き、その通りしたらどうなるかひとつひとつ確かめていきました。昼休みの5分間働く働かないで、賃金を上げるの下げるのという話。そんな話は技術開発で生きる会社にそぐわないとは思わないか。たとえばそういう対話の積み重ねです。

晴れている間にしか、雨への備えはできない。

ページの先頭へ