大前研一の名言|自動車産業は努力する方向が根本的に間違っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

努力する方向が根本的に違う。私がトヨタや日産自動車のトップなら、持てる政治力のすべてを使って、課税を含めた車のランニングコストを安くする。一方で中古車買い取り価格を高くして、少なくともアメリカやオーストラリア並みにする。維持費がリーズナブルになって中古車がまともに査定されるようになれば、車を持つペナルティも減り、楽しさも復活するだろう。また、そうでなければ日本の産業を支えてきた自動車業界は衰退期に向かって転がり落ちるだけである。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

入社後、最初の配属が経理だった。正直に言うと最初は「製造会社に入社したのに、なぜ会計なんだ」と思っていた。しかし、上司の言う通り勉強していくと、会社の仕組みがわかってきて面白くなってきた。

「やるべきこと」と「やりたいこと」がどうしても重ならないという人は、あれこれ考える前に、やるべきことをまず達成してみることです。やるべきことという、会社から与えられた課題に真剣に取り組むことは、いずれ自分で設定した課題を達成するときの訓練になるんじゃないですか。それに、たとえそれがやりたいこととは違っていても、成し遂げたときの喜びは、やりたいことをやったときと変わりません。

合理的な計画を立て、冷静にそれを実行するには、酔っ払っていては無理だ。いかに優秀な人でも、アルコールにおかされていてはビジネスの成功はおぼつかない。人と飲み歩いている間に失われるビジネス・チャンスがどれほど多いことか。酔っ払って愚かな取引をしてしまう人がどれだけ多いことか。飲酒を好むビジネスマンは数多いが、飲んだくれていてはビジネスでの成功はおぼつかない。

物事は見た目ほど頼りになるとは限らない。

簡単な道を歩くと競合に勝てない。だから、あえて困難な道を歩くことが大事。

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。

商品の独自性を磨き、各地に合わせた販促や広告宣伝をすることが必要。「日本発」の品質をうたうだけで売れ続けるほど甘くはない。

ページの先頭へ