大前研一の名言|若者の草食系は環境への適応で当たり前のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

モノがあふれかえっている時代に育ったいまの若い世代に物欲がないのは当たり前で、草食系だなんだと称しているが、要は環境に適応してしまったのである。貧しさや飢えを経験している我々世代は競い合ってモノを欲しがってきたが、いまの若い世代は「モノは必要なときに使えばいいじゃん」と考える。シェアリングの方が合理的なのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は誰でも優れた頭脳の持ち主です。負の感情に思考を邪魔されなければ、自分でも信じられないほど速く物事を考えることができます。

ツイッターで芸能人や著名人をフォローしても、人脈といえるつながりに発展するかというと、それはなかなか難しいでしょう。かといって、自分の会社の同僚などのように属性が近い人ばかりとつながっても、新しい人脈は期待できません。もしウェブ上でつながりをつくるなら、芸能人など自分から遠い人ではなく、同僚など身近な人でもなく、その中間の存在をターゲットとして意識すべきです。

子供の頃から、選抜チームへ行けば、ほかの選抜選手たちの質の高さに衝撃を受けて、追いつくためにはどうしたらいいのかと考えて、上へ行くために、上へ行くためにというふうに僕はずっと生きてきた。

私がお勧めするのは、「自己投資をして、どの会社でも通用する稼ぐ力をつけること」です。他社で働くことを意識しながら、自己投資をして、他社でも使える能力を磨いてきた人は、どの会社でも評価されるようになる。

古いビールは回収してこい。こういうビールがあるから、アサヒビールのイメージが良くならないんだ。
【覚え書き|アサヒビール再建時の発言】

監督の仕事は、判断も大事ですが決断はもっと大事。勝てる監督はここぞというときに、迷いなく決断できる。

時代が変われば、欲しいものも変わってくる。だから、公式をつくることはない。時代にあったものを提供し続けることです。

ページの先頭へ