大前研一の名言|若者の草食系は環境への適応で当たり前のこと

モノがあふれかえっている時代に育ったいまの若い世代に物欲がないのは当たり前で、草食系だなんだと称しているが、要は環境に適応してしまったのである。貧しさや飢えを経験している我々世代は競い合ってモノを欲しがってきたが、いまの若い世代は「モノは必要なときに使えばいいじゃん」と考える。シェアリングの方が合理的なのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起業のきっかけは、このビジネスモデルを日本に創ったらどうなるのか、どんなに研究が進むのか、を自分の手で創って自分の目で確かめたいという好奇心です。「生命科学分野の研究を発展させたいという想い」と「世界中の研究成果をきちんと社会に役立てる仕組みを作りたいという願望」が根底にはあるのですが、いろんな人に無理なんじゃないのって反対されても起業してしまったのは、好奇心という完全に自己満足的な欲求です。どう考えても今やるしかないと思い込んでしまったんですよね。

頭が働かなくなる昼食後に計算などの数字を扱う仕事をすると、ケアレスミスが出るのは当然。発想力を必要とする仕事は午前中に行なうなど、脳の状態に適した作業を行うことが大切。

ノートで最も大切なのは書かれている内容です。(ノートをデザインするとき)過度な主張は、使う側にとって親切なデザインとは言えません。

「順番」が大事。生んだ価値をお金に変えていくのが、目指すところ。合法的でありさえすれば何をやってもいい、とにかく金を儲けようという風に順番をひっくり返して考えてしまうと、結果として思ってもみないところに行ってしまう。

ニーズに合わなければどんな技術を入れてもダメ。

私はケンカっ早いため、これまでいろいろな人たちとケンカをしましたが、長年のケンカ相手のひとつが林野庁です。

お客様を買う気にさせるには、営業マンの人柄に惚れさせることですね。クルマにかぎらず、どんな商品でも、「営業マンが気に入ったから」「この人なら信頼できそうだから」というように、人間関係で売れることが圧倒的に多いんですよ。光れない営業マンほど、このことを意識していないですね。

経営者の息子でも、贅沢とは無縁の生活でした。父は子供にお金を持たせると堕落すると考えていたようで、お小遣いは小学生のときは1日10円のみ。中学になって学校の帰りにみんなでアイスを食べるときも、一人で我慢していたことを思い出します。いまだにお金を使うことに罪悪感を抱いてしまうのは当時の影響でしょう。

初めに心に浮かんだ、おぼろげな完成予想を大きく上回る出来に「なりそう」と思った瞬間が、楽しく嬉しく勢いが出ます。難しいと感じるのは、常に「期間内に作画を完成させる」という事。マンガ家としての基本ですが、デビュー以来30年以上ずっとこればっかりです。

お金が入ると、高級車や自らの趣味にお金をつぎ込むことで、仕事を疎かにしてしまう経営者もいます。しかし、経営者はわずかな成功で満足してはいけません。現在の会社の業績は過去の取り組みの結果なのです。

ページの先頭へ