大前研一の名言|若者の草食系は環境への適応で当たり前のこと

モノがあふれかえっている時代に育ったいまの若い世代に物欲がないのは当たり前で、草食系だなんだと称しているが、要は環境に適応してしまったのである。貧しさや飢えを経験している我々世代は競い合ってモノを欲しがってきたが、いまの若い世代は「モノは必要なときに使えばいいじゃん」と考える。シェアリングの方が合理的なのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

教材の営業マン時代、ある会社に売り込みに行ったのですが、うちは必要ないという返事。そこでいろいろ質問していくと、教材そのものに問題があるわけではなく、教育業務を担当する人手不足が原因だとわかりました。そこで、教育関連のる提案をしたところ、一転、拒絶していた相手が購入してくれました。相手の隠れた問題点やニーズを引き出すには、適切に質問することが大事だということを痛感しました。

中島孝志の名言|相手の隠れた問題点やニーズを引き出すには、適切に質問することが大事


日々刻々変わる状況に対応していくには戦略がないといけない。

田口佳史の名言|日々刻々変わる状況に対応していくには戦略がないといけない


ロクシタン創業者のオリビエ・ボーサンさんという方とお会いする機会があったんです。ロクシタンというのは、添加物・着色料を使用しない自然派のコスメティック・ブランドですが、どういう考えで商品をつくっているのか、いろいろお話をお聞きしました。そのときに、「流れる水は握りしめないことだ」とおっしゃっていて、その言葉がとても心に残りました。流れてくる水は、手にすくえるだけすくえばいい、それを、どうしても欲しいと思って握りしめようとしたら、手からあふれてしまって何も残りませんよね。

押切もえの名言|欲しいと思ったものはすくえばいい


いわゆる「ゆるいつながり」は、自分を犠牲にしてまで助けてくれるわけではありません。人の紹介や転職の情報交換など、互いにウィンウィンの関係のとき、ゆるいつながりは初めて役に立つものです。ただ、長期的に依存するとなると、どうしても片方が損を、片方が利益を得るようになってしまうので、つながりあうのは難しくなります。

山田昌弘の名言|ゆるいつながりの持つメリットとデメリット


トップが役員から恐れられれば、組織は自然と引き締まります。逆に一般社員とは親しく付き合う。一緒に酒を飲んだりしてね。会長になった今でも会社のあちこちに顔を出して、気軽に社員に話しかけています。

鈴木喬の名言|組織を引き締めるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ