大前研一の名言|成長神話を捨てる必要がある

すでに崩壊した成長神話の残滓にすがっている限り、日本人は苦しみ続けることだろう。背伸びしても昇進と昇給で追いついてくる、という甘い発想からいかに早く「身の丈に合った」生き方、ライフスタイルに切り替えるかが問われている。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

受け身の受注生産でやってきた社員たちが、すぐに開発提案型に変われるはずがありません。だから私は、営業に回って帰ってくると、夕方から前職と同じく毎日のように社内で実験を行ったのです。実験は根気が要りますが、成果が出るととても楽しいんですよ。その過程を見せる。社員へのパフォーマンスでした。

【覚え書き|社長就任時を振り返って】

藤井克政の名言|トップが仕事をしている姿を見せる


何かにしがみつかず、自分でやるべきだと思ったことは、考えの合わない上司を説得してでも挑戦し、実績を出していく。そうすれば、逆に上が下に合わせるという形に持っていくこともできるように思います。

鈴木敏文の名言|上が下に合わせるという形に持っていくこともできる


上司部下関係の問題も、挑戦していくことによって、初めて乗り越えられる。

鈴木敏文の名言|上司部下関係の問題も、挑戦していくことによって、初めて乗り越えられる。


ビジネスは常に目標から始まる。したがって、会社経営では何を目標に設定するかがまず大切。

松本晃の名言|ビジネスは常に目標から始まる


営業マンに最初の一件目を売るのは個人の力ではなく、会社の力である。どうやって一件目を売らせるのか。それを体験させ学ばせるのも、マネジメントの力である。これは「とにかく飛び込みをしてこい!」というような意味の体験ではない。個人任せの属人的営業は完全に時代遅れだ。

横田雅俊の名言・格言|個人の能力に頼った属人的営業は完全に時代遅れ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ