大前研一の名言|不景気を理由にするより、戦略を転換する必要がある

二言目には不景気のせいにするが、日本経済の長引く停滞の原因はそればかりではない。成長期の思い上がった戦略をそのままにして、政府や企業がマーケットの現実、消費者の懐具合と優先順位に向き合っていないことが大きな問題であり、いくらもがいてもヒット商品が出てこない理由もそこにある。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

全力を尽くし、自分のすべてをかけたとき初めて、人は物事をなし遂げることができます。もしあなたが何かしらの逆境に身を置いているのだとしたら、それはまさにチャンスです。あながた抱く目標に一直線に突き進むことのできる絶好のチャンスだととらえて、野良犬のように脇目も振らず邁進してほしい

堀之内九一郎の名言・格言|全力を尽くし、すべてをかけたとき、人は物事をなし遂げる


経営で一番重視しているのは現場。鹿島には国内外に2千以上の現場がある。この人たちのベクトルが合えば膨大な力になるのは間違いない。

押味至一の名言|一番重視しているのは現場


夫を一番そばで見ているのが妻。短所も長所も全部バレていると思ったほうがいい。

岡野あつこの名言|夫を一番そばで見ているのが妻。短所も長所も全部バレていると思ったほうがいい


我々がとかく目を奪われがちな数字があります。全体の平均値です。人間は、一番大きな数字や平均値にとらわれやすい傾向があります。平均値はある対象をある時点で断面にし、量的に捉えるにはひとつの目安になります。A社とB社を比較するときには、それぞれの平均値を取ればいいでしょう。しかし、個別に何かの課題に対して手を打つとき、平均値と自分の数字を比べても意味がありません。コンビニチェーンのA店は、人口が過疎な地域にありながら、宅配などのサービスを積極的に行なって、1日当たりの売上が50万円だったとします。一方のB店は、人口密度が高く、なおかつ競合もほとんどない恵まれた環境の店にもかかわらず、売上がA店と同じく50万円だったとします。そして、チェーン全体の1日の売上の平均も50万円だった。A店とB店は同じ売上でも、まったく意味合いが異なるのに、どちらも平均値と比べて同じである、などと考えるのは意味があるでしょうか。

鈴木敏文の名言|全体の平均値の取り扱いには注意が必要


議論の場では、「失敗が許される雰囲気」が作れているかどうかが大切です。我が校のような大学院では、ビジネスの現場ではないので、何を発言しても許される環境があります。そこで多くの失敗を経験をし、恥をかき、様々な学びを得る。

堀義人の名言|議論の場で大切なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ