松尾静磨の名言|お客さんの信頼を勝ち取る

お客さんが飛行機を利用する場合の第一条件は「信頼」ということだ。その信頼は、経験を積むことである。我々は現在の信頼の上に立ってさらにサービスに努め、交通機関の責務はなによりも安全運航だ、ということを肝に銘じて努力しなければならないと思っている。

松尾静磨 の経歴

松尾静磨、まつお・しずま。日本の経営者、官僚。日本航空社長・会長、初代航空保安庁長官。日本の航空産業に尽力した人物。佐賀県出身。九州大学工学部機械工学科卒業後、東京瓦斯電気に入社し、航空エンジンの設計に携わる。その後、逓信省に入省、航空局に配属され、朝鮮総督府蔚山飛行場長、大邱飛行場長、大阪飛行場長、乗員部補給課長、次長などを務めた。太平洋戦争終結後は、航空保安部長、初代航空保安庁長官。日本航空発足時に専務として入社。その後、副社長を経て社長・会長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議を行う際には、WHY=なぜ(目的・目標)、WHAT=何を(協議事項)、HOW=どうやって(実施形式、参加者、場所など)の順に決定していくものですが、実際にはHOWしか決まっていない会議も多いのです。

細谷功の名言・格言|会議をやる前に決めておくべきこと


初めて会う方に私が必ず話すのが、自分の信念や想いです。営業される相手にしてみれば、私や私の会社が、新しくビジネスを始めるにあたって信用・信頼に値するのかを判断することが何より重要。ですから営業では、ビジネスプランの提案や自社商品の説明よりも先に、まずは自分がどんな考えを持ち、何を目指しているかを語るべきなのです。

徳重徹の名言|自分の信念や想いを話す


上司と部下のタイプが真逆の場合、どうしてもコミュニケーションにズレが生じやすくなるので、「自分と同じタイプの人間ばかりではないのだ」という前提に立ち、相手の特性に合った接し方を心がけるのが人間関係を改善する秘訣です。

川内正直の名言|人間関係を改善する秘訣


経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。

柳井正の名言|経営者の覚悟


当社でも理念をとても大切にしています。現在はそのひとつとして「知の創造と活用をすすめる環境の構築」という表現をしておりますが、根幹には「人間同士の相互理解を促進させたい」という思いがあり、人間の創造性であったり、社会的な価値といったものを重要視しているのです。

有馬利男の名言|理念を大切にする


ひとつの新しい習慣を始めようとするだけでも、やる気になっている半面、人は心のどこかでその習慣に反発してしまいます。新しい習慣をふたつ同時にというのはよほど意志が強いか、必要に迫られていないと両立は困難でしょう。

古川武士の名言|新しい習慣を始めるときはいっぺんにたくさんやらないこと


複数人同士で取引先と面会すると、最初は部長同士が話していても、ある部下が「へえぇ」「なるほど」と熱心に拝聴していると、取引先の部長はその部下の顔を見て話し始めるといったことはしばしば起こります。アイコンタクトをされるようになったら、自分の名前も覚えてもらいやすくなります。

河野英太郎の名言|熱心に相手の話を聞く効用


上司も部下も議論の時は対等です。

根岸秋男の名言|上司も部下も議論の時は対等です


「やらなければいけない」と思っていることに対して、本当にそうなのか、疑ってみてください。成果とは無関係なものが、案外多いものです。仕事でパフォーマンスを上げるには、そこを整理することが大切。

星野佳路の名言|本当にやらなければいけない仕事なのかチェックする


年老いて腰が曲がったものには、死は解放としてやってきます。自分自身が年老いて、死を最後には返さなければならない古い借金のようなものだと思うようになったいま、つくづくそう感じます。

アインシュタインの名言|死とは


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ