松尾静磨の名言|お客さんの信頼を勝ち取る

お客さんが飛行機を利用する場合の第一条件は「信頼」ということだ。その信頼は、経験を積むことである。我々は現在の信頼の上に立ってさらにサービスに努め、交通機関の責務はなによりも安全運航だ、ということを肝に銘じて努力しなければならないと思っている。

松尾静磨 の経歴

松尾静磨、まつお・しずま。日本の経営者、官僚。日本航空社長・会長、初代航空保安庁長官。日本の航空産業に尽力した人物。佐賀県出身。九州大学工学部機械工学科卒業後、東京瓦斯電気に入社し、航空エンジンの設計に携わる。その後、逓信省に入省、航空局に配属され、朝鮮総督府蔚山飛行場長、大邱飛行場長、大阪飛行場長、乗員部補給課長、次長などを務めた。太平洋戦争終結後は、航空保安部長、初代航空保安庁長官。日本航空発足時に専務として入社。その後、副社長を経て社長・会長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他人の力をあまり借りずに、自力で仕事をしがちな人は、自分が「組織の中」で働いていることをいま一度、思い返してください。そもそも会社というのは、「大きな仕事」をするために存在しています。個人でできる仕事だったら、個人レベルの規模にしかなりません。「1人では絶対に成し遂げられないこと」をするために、会社組織があるわけです。だから、周囲の協力を得るのは当たり前。自分の力を過信していたり、プライドが高かったりして、周囲に協力を仰がない人は、組織で働いている意味がありません。「自分の仕事」という狭い視点で見ずに、「会社の仕事、部署の仕事」という視点で仕事をしましょう。

藤田晋の名言|「1人では絶対に成し遂げられないこと」をするために、会社組織がある


私は常に勉強している。あなた方はいつも時代遅れだ。

ジョゼ・モウリーニョの名言|私は常に勉強している。あなた方はいつも時代遅れだ。


ピカソは絵を描く技術がどんどん高まっていくんだけれど、あるところでその技術がかえって邪魔になって、「こんなもんじゃねえ」と一気に捨てた気がするんです。自分もそうした大転換をしないと駄目なんじゃないか。そうしないと、本当の自分の表現に到達できないんじゃないか。そう思ってはいるんですが。

太田光の名言|過去の技術を捨てる大転換の重要性


「○周年までに何店舗にする」といったことは考えたことはありません。中長期のビジョンありきではなく、人が育って初めて何でもできると思っています。

村山舞の名言|中長期のビジョンありきではなく、人が育って初めて何でもできる


新しい取り組みほどやり抜く覚悟が必要。

栗原博の名言|新しい取り組みほどやり抜く覚悟が必要。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ