諸井貫一の名言|境遇にとらわれないことが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

貧しい場合にも、その人の才能を伸ばすことを妨げる要素はたくさんあるはずだし、どんなに豊かな家にだってその人の伸びることを妨げる要素がたくさんある。結局、環境にとらわれてはいけない。境遇というものから抜け出してこそはじめて自分の人生があるのだ。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンビニチェーンに転職し、店長を任されたとき、検証のために自腹を切ったこともあります。「POPを飾れば売上げが伸びる」という仮説を思いついたものの、予算がなかったので、自腹で材料を買ってPOPをつくり、販売データをとったのです。するとPOPの効果が数字でも証明されたので、今度はそのデータをもとに本部に提案を行ない、その後は本部が予算を出してPOPをつくってくれるようになりました。

国益というものは、イマジネーションを持って広い見地から考える必要があると思います。

私は「子会社」に対して、ネイバーより下だとか、私が所有しているだとか、そういった思いはありません。最初はサポートしてあげるべき存在だと思っています。サポートをして、十分自立する資格を見せてくれたら、思う存分、自由にさせてあげる。LINEはその資格を十分に備えています。

北米では営業マーケティングやファイナンスを含め、しっかりとサポートをする人たちがインフラとして整備されていることが挙げられます。ベンチャーキャピタルもそうですが、新しいアイデアをビジネスにして広めていくためのサポーターの力がすごいということです。

僕は個人的な好き嫌いはないんです。本当に、その人が何万人という方に選ばれてきているんで、付き合うと必ず「すごい」っていうところを、皆さんお持ちなんですよ。ものすごく欠点のある人でも、ものすごく光るものがある。何回も当選している人は、必ず尊敬できるものを持っています。

重要なのが「温故創新」です。これはわたしの造語ですが「古きを温(た)ずねて新しきを創る」。つまり、過去の知を組み合わせて、新しいものを創っていく。

「心の積極性」を一番大事にしています。この積極性を取り戻すためにいろいろ考えるのです。朝起きてから夜寝るまで、いろいろなことが起こります。事業で損をすることだってあります。それを必死でとにかく乗り越えていく。それが心の積極性。

長男を授かり、育児休暇を取得したことも目に留まったのでしょうか、国の「少子化危機突破タスクフォース」の委員にも選ばれました。「産めよ、増やせよ」ではなく、農業就労や3世代での暮らしなどとセットにした、地方目線での少子化対策を提案していきます。

成功するには事前の計画が大切である。そしてその計画にこだわりすぎず柔軟に構えるのも同じくらい大切である。

何十億円もかけたプロジェクトを自分を見失ってやるより、小さくても人に幸せを与えられるような仕事をしていきたい。
【覚書き|事務所を縮小し、一人で再出発したときを振り返っての発言】

ページの先頭へ