諸井貫一の名言|大病は健康上かえってプラスになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は大学に入ってから健康を損ない、そのため3年で卒業するところを5年かかった。しかし半面そのおかげで友達も多くなったし、先生とも親しくなれたので、かえって幸せだった。いまでも健康には自信がなく、医者から1日8時間以上働いては駄目だといわれ、自然夜更かしなども慎んでいるが、それが健康上かえってプラスになっているのかもしれない。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人を評価するにあたり、私は、「平等」「公平」な処遇が大事だと思います。誰にでも機会を均等に与えて、その能力によって仕事を創造することが大切。

仕事と育児を両立するに当たり、自分の中で貫いてきたのは、「仕事も子供も、機会を逃さない」という考え方です。出産や育児のタイミングと、仕事のタイミングを合わせることは、まず不可能です。タイミングなんて常に悪いのが当たり前で、侍っても侍っても、「ちょうどいいタイミング」なんてやってきません。でも、本当に仕事と育児が大切ならば、絶対に何とかなる。そんな考えの下、仕事上どんなにタイミングが悪い時でも出産を優先してきたし、子育てがどんなに大変な時期でも、仕事でチャンスがあれば、それを逃さないという姿勢で、これまでやってきました。

「本を読みながら線を引く」といいますが、それは違います。読んで大事だと思うから線を引くのです。つまり線を引いた個所は2回読んでいるということです。いったん読み終わったあと、赤線の部分だけを追いかければ、その本のエッセンスが短時間に頭に入ります。

業務を委託する側の最終ゴールは「事業(プロジェクト)の成功」にあります。社内のリソースを活用するか、外部に委託するかは「手段の違い」でしかありません。よって、外部委託先といえども事業やプロジェクトを成功に導く一員であるという「意識」が大切。

現在は、我々、そして企業にとって長い未来への一通過点だ。未来は自分たちが創るのだという自覚をもって、力強く踏み出そう。

経営者が絶対に権限を委譲してはいけないことが3つある。「企業理」「企業戦略」、そして「わが社が求める人材像」だ。これれらは社長が一人で決めなくてはならない。

自分の仕事だからと一人で抱え込んでしまうのはいけません。誰かに手伝ってもらうことで、短時間でより質の高い成果が出せるかもしれないからです。

ページの先頭へ