諸井貫一の名言|今後、モラルの重要性がどんどん高まっていく

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いい商品を作るだけでなく、世の中の変化に合わせて当社も変わっていかなければいけない。

現在の社内の教育制度は非常にしっかりしています。新卒で採用して、3年間で一人前に育て上げることを目標にしています。

2年続けて黒字を確保できましたが、我々の企業体質、財務体質はまだまだ脆弱で、改善の途上です。道半ばというか、まだ半ばにも差し掛かっていない。だから「最高益」という言葉はあまり使わないようにしているんですよ。
【覚え書き|同社の過去最高益を更新したときの発言】

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。

人は笑顔を見せられると緊張がほぐれるので、こちらから話しかけるときには自然な笑顔を意識するといいですね。

素直に頭を下げると、たとえ党が違ってもみんなちゃんと教えてくれる。

「自分が書きたいことを、書きたいように書く」。これが作家の私にとって守らなくてはならないもの。

「自発的に何をやってもいいよ」というまっさらな状態だとメンバーも動きにくいでしょうから、最低限の行動規範として「バリュー(価値観)」も定めています。このバリューも半期に一度の社員合宿で、毎回7割くらいの内容はそのまま、3割はそのときの事業フェーズやメンバーの意思によって変更しています。そうやってバリューを自分たちで決めると、メンバーたちの中で腹落ちし、普段の会話の中でも使われるようになるんです。

社長より年上の人がたくさんいたって構わないんです。よく米国人に同僚を紹介する時に、彼は私より4年入社年次が早い先輩だなんて、言うでしょう。彼らはそれがどうした、という顔をします。年功序列の意味が分からないんですね。

力というのはピンチを迎えた時に付くもの。

ファンドの役割は、お金を出すことです。彼らの商品がお金なのですから、その商品を使う経営者がしっかり使いこなして増やせばいいのです。ファンドの役割をしっかり理解した上で、彼らの商品を使うかどうかを決断するのは経営者側の問題です。経営者がそれをうまく使えないのに甘い言葉でお金だけと言っていると、経営者は必要ありませんよね。

思い返してみると、学生時代に愛読していた研究者たちの自伝も、諦めなかった人たちの物語でした。ヒトゲノム計画のクレイグ・ベンターにせよ、遺伝子の立体構造を発見したワトソンとクリックにせよ、気が遠くなるほど試行を繰り返し、成果が出なくても諦めず、誰もができないと言っていたことを成功させたのです。諦めないことはテクニックではありません。特殊な能力でもない。諦めないことは誰にでもできる。

人生が短かった頃、余暇はもっぱらリラックスの時間に費やされてきました。しかし今、人生が100年時代に入ってくることで、消費を抑えて長く働けるよう、自分自身の生き方を変化させる時間に割り当てなければならない。

ページの先頭へ