諸井貫一の名言|今後、モラルの重要性がどんどん高まっていく

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今日をおろそかにしたら、明日はない。

コシノジュンコの名言|今日をおろそかにしたら、明日はない


普通の人は、依頼された仕事をそのまま引き受けるため、どんどん仕事が積み上がっていく。一方、仕事が速い人は、引き受ける時に必ず、仕事の量を減らすための交渉を依頼主としている。

中村一也の名言|仕事が速い人は、仕事の量を減らすための交渉を依頼主としている


我も人、彼も人。人間は経歴、肩書きと関係なく対等である。

岩下秀麿の名言|人間は経歴、肩書きと関係なく対等


私は、経営者のメインの仕事は目標づくりだと思っています。目標は「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの兼ね合いだと思います。そして、みんながやりたいことを取り入れた目標をつくらないと、仕事は面白くなりません。

佐藤尚忠の名言・格言|経営者の仕事は目標づくり


成功の陰には、たくさんの失敗がある。今は成功者と呼ばれ社会で活躍する人たちも、失敗を経験しています。

ケリー・マクゴニガルの名言|成功の陰には、たくさんの失敗がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ