諸井貫一の名言|今後、モラルの重要性がどんどん高まっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

特別な環境で普段通りの手術ができるかどうか。責任は重いですが、自分なら必ず成功できると言い聞かせていましたね。
【覚え書き|天皇陛下の手術をしたときを振り返っての発言】

態度が生意気だなんて取るに足らない些細なこと。上司に口ごたえをしたって構わない。きちんと仕事をする部下なら、バリバリと働いてもらったらいいだけのこと。

人の育て方に迷ったときは、自分に質問するといい。「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。

子が親を大切にするのは、親に大切にされてきたからではないでしょうか。家族のように大切にされていると部下が感じるほどに、信頼感が生まれ、モチベーションが高まります。結果として、組織全体のパワーを底上げしてくれました。

必ず成功する方程式は存在しません。もしあるとしたら皆が真似をし始めてしまいます。しかし、「遅刻をしない」「勤勉に仕事をこなす」「迅速に行動する」「正直である」これを実践できない事業は必ず失敗するとわかっています。

人を巻き込む前に、まずは自分がたくさん巻き込まれてみてください。自分が様々な仕事に巻き込まれて成長した経験があると、人をうまく巻き込めるようになります。

上のポジションをめざすなら、社内の「悪評」はないほどいい。当たり前のことですが、敵は少ないに越したことはありませんし、味方は多ければ多いほど心強いでしょう。

ページの先頭へ