諸井貫一の名言|今後、モラルの重要性がどんどん高まっていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

蔵書はノンフィクションの割合が多いですね。ノンフィクションの魅力はディティールの面白さ。たとえば、私の作品に登場する女が男に殴られた理由も、いつもの位置に灰皿がなかったとか本当に些細なことだったりするんです。こんな変な人がいるんだな、というところに私のレーダーが反応するようになっているのかもしれません。

相手への好奇心を持ち、相手の持ち味も認めるだけの拡張性を持つことで、そこに新たな連結点が生まれる。個人と個人の連結点が多ければ多いほど、組織としての可能性が広がっていくのだと思います。

一つ一つの問題に正面から向き合い、時には厳しい決断をして問題を解決していくことで、社長になる覚悟ができた。

40代になって思うのは、「40代って楽しいな」ということ。これまで一緒に頑張ってきた仲間が決定権をもつポジションに就くようになったので、「これをやりたいな」と思うと、実現することが増えたんです。ビジネスの世界でも、30代のとき、目の前の仕事に必死に取り組んだ人には、きっと楽しい40代が待っているんじゃないでしょうか。

リーダーシップに一番必要な資質は勇気だと思う。通常、勇気にはある種のリスクが付きまとう。とくに新しい事業を立ち上げるときにはなおさらだ。何かをスタートさせ、それを継続させる勇気。この開拓者スピリットと冒険心が、チャンスがいっぱいのアメリカで、新しい道への案内役となる。

目標を数字や言葉にしようとすれば、嫌でもよく考えます。何度も日にすれば深く浸透しますし、目標への達成意識も強くなります。

「○○したい」という願望のままでは、いつまでたっても実現しません。「○○する」という目標にすることが大切です。

うちの店は狭いので、どこからでもお客様の視線を感じていなければいけません。スタッフの背中に目がついていないようなときは、背中をひとつピターンと張り(叩き)ますよ(笑)。

同業他社を見渡しても、各社、戦略もサービスもそれほど変わらない。お客様志向だって当たり前のことです。ではベネフィット・ワンが何によってトップシェアを獲得したか。それは自分達の戦略やサービスをどこまで本気で実施できるか、それに尽きます。

「なんで俺はダメな人間なんだ」。そんなふうに思いはじめたらキリがない。それよりもはじめから、「イチローだって7割近くは失敗する。3割成功すれば一流なんだから」と思った方が気が楽になる。

ページの先頭へ