諸井貫一の名言|後々影響が出るので、日々の出来事を安易に取り扱ってはいけない

顧みて、その当時は格別のことでもないと思っていたことが、案外後々までも影響を生ずることのあるのに気が付いた。そう考えると、日々の出来事でもあまり安易に取り扱ってはならないと思う。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕が子供の頃、ずっと母親から前向きな言葉をかけられ続けて育ちました。「お前はもっとできる」「伸びるよ」と、呪文のように吹きこまれた。だから宿題も真面目にこなせた。試験勉強も運動も、何にでも挑戦できた。

梅原誠の名言|母の教え


コンビニ業界について、マスコミは「国内総店舗数が5万店を突破し、飽和が懸念される」などと、店数を示して市場飽和説を唱えます。もし、どのチェーンの店舗も同質であれば、飽和するかもしれません。しかし、質が違えば弱いところは落ち、強いところは残り、飽和はあり得ない。重要なのは、コンビニの店数ではなく、どういうコンビニがあるかなのです。

鈴木敏文の名言|重要なのは、コンビニの店数ではなく、どういうコンビニがあるか


一人ひとりの様々な体験や思いがその人の土台になっていく。

飯野正子の名言|一人ひとりの様々な体験や思いがその人の土台になっていく


虎屋の経営理念は非常にシンプルなワンフレーズ。「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」です。言葉として理念を作ったのは1985年ですが、社内ではそれ以前もずっとこういう内容のことを言い続けてきました。

黒川光博の名言|経営理念は非常にシンプルなワンフレーズ


売る人、買う人、つくる人、みんながワクワクできるなら、そこはいつだって多くの人が集う活気あふれるサイトに自然となって生きますよ。

前澤友作の名言|活気あふれるサイトをつくるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ