諸井貫一の名言|後々影響が出るので、日々の出来事を安易に取り扱ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧みて、その当時は格別のことでもないと思っていたことが、案外後々までも影響を生ずることのあるのに気が付いた。そう考えると、日々の出来事でもあまり安易に取り扱ってはならないと思う。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

実測値などの根拠に基づいて結論を出すべき場合は、いったん仮の数値を使って推定値を概算し、あとから正しい数値に入れ替えて検証するという方法もおすすめです。拙速を恐れずに、とりあえず結論を出す。あとは検証を行って結論の精度を揚げる。それを実践すれば、結論への道のりは飛躍的に短縮されます。

数字に対する仮説をどれだけ真剣に組み立てられるかが、ノルマ達成のカギといっても過言ではありません。

経営は逃げずに、そして、ぶれないことが大事。

期間に縛られない限定品は何だと考えて、主に土産物ショップなどで販売する地域限定商品を始めました。今では約20品目に拡大していますが、これが一番、利益率が高い。値引き販売はありませんから。そのため長続きしている。

いちいち上司の許可を待って仕事を進めていたらマーケットにおけるチャンスを逃がす危険性があるので、僕はワガママに見えても、許可を待たないで仕事を進めておくんです。すると、許可が出る頃にはもうほとんどできあがっているのですね。

流通経路が既に確立された業界では「カカクコムなんて来てくれるな」と疎まれることもあります。それでも良いコンテンツを作ればユーザーは集まりますし、結果的には各事業者が潤う。

お客様はご自身に最適な商品を選び、勧めてくれる会社を選ぶのであって、商品を選ぶのではありません。それができる代理店さんや社員が必要になります。

不安やストレスを感じる自分を「弱い」と否定するのではなく、不安やストレスを受け容れ、その対処法を編み出せることが、「強い」と言われる秘訣なのではないでしょうか。

可能な限り失敗は回避すべきですが、チャレンジと失敗は隣り合わせです。必要以上に恐れてはいけません。

失敗したら、こうすれば失敗するということが勉強できたので、それだけ目標に近づけたと思えばいいのです。

ページの先頭へ