諸井貫一の名言|後々影響が出るので、日々の出来事を安易に取り扱ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧みて、その当時は格別のことでもないと思っていたことが、案外後々までも影響を生ずることのあるのに気が付いた。そう考えると、日々の出来事でもあまり安易に取り扱ってはならないと思う。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は、失敗した時の「最悪のイメージ」の隣に、自分が表彰台の上にいる「最良のイメージ」も並べて想像します。そして、後者に近づくための方法を考えます。心配は尽きないけど、キラキラした「最良のイメージ」に近づいている実感があるから、辛くはならないんです。

私は、経営は駅伝と同じだと考えています。経営者はある期間を全力で走る。それを終えたら、後任にたすきを渡す。このたすきが経営理念です。

自分はあくまで作り手で、ファンではない。どうしたらファンの皆さんに喜んでもらえるか、それだけを追求しています。

相手の「良いところ」を探すようにしましょう。初対面の場合、性格や人間性まで見通すことは不可能ですが、それでも「優しそう」「姿勢がいい」「笑顔がさわやか」など、見える部分だけでもたくさんの長所が見つかるはずです。すると自然に、相手に対する好印象が芽生えます。その好意が、こちらの笑顔や声のトーンに乗って相手に伝わります。人は、自分に好意を向けてくれる相手には好意を持つものなので、相手もこちらに対してフレンドリーになります。こうして心理的距離を縮めていくことが、打ち解けるための第一歩です。

社外の方々にどう映っているのか分かりませんが、オリックスは極めてウエットな会社です。基本的に人員削減はしませんし、力を発揮できていない社員がいれば、最善の職場をできる限り一緒に考えます。社員に様々な選択肢を提供するために、事業を多角化してきたという面もあります。

人の心と身体はつながっている。強制的にでも行動を起こせば、状況が変わるだけではなく、その行動の影響を受けてメンタルも変わっていく。

古いビールは回収してこい。こういうビールがあるから、アサヒビールのイメージが良くならないんだ。
【覚え書き|アサヒビール再建時の発言】

ページの先頭へ