諸井貫一の名言|後々影響が出るので、日々の出来事を安易に取り扱ってはいけない

顧みて、その当時は格別のことでもないと思っていたことが、案外後々までも影響を生ずることのあるのに気が付いた。そう考えると、日々の出来事でもあまり安易に取り扱ってはならないと思う。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は人から褒められるのが好きなのでたくさん褒められたい。たくさん褒められたということは、それだけ世の中を変えられたということですから。

子供のころからドラマやCMが好きで、どうにか憧れの世界に携われないか。出る側でも作る側でも、ああいう仕事にはどうやったら近づいていけるのか。そんなことばっか考えていましたね。

我々が焦点を当てているのは、商取引の現場において、買い手と売り手の間で繰り広げられる活動そのものだ。そして、その領域こそダイナミックだと考えている。だから、スクェアの「魂」はソフトウエアやサービスの背後にあるものであり、コピーできるものではない。デザインがあり、ハードウエアがあり、ソフトウエアがあり、セキュリティーがあって、レシートがあって、サインがある。これらすべてを包括するのが魂であり、何かひとつが欠けても、それは魂ではない。

まずは、自分が生まれた国のことを知ること。それにより、自分が何者なのかを理解して初めて、他の国の人々とも信頼関係を築くことができます。

私は仕事の最終的な目標は、「自分がやりたいことをやれる自由を獲得すること」だと思っています。その自由は、一朝一夕に手に入れられるものではありません。やれることをきっちりやって、周囲から信頼を獲得していく中で、徐々に勝ち取れるものだと思っています。

JR九州が上場するメリットは、「いざとなれば政府が助けてくれる」という甘えがなくなること。

価値観は、企業文化をつくる。これは、トップマネジメントの価値観により左右される。

やってはいけないのは、成果に応じて極端に給与で差をつけることです。日本人は欧米人と違って、給与のために仕事を頑張るという人は多くありません。「仕事の成果は仕事で報いる」というのが私の考え方です。自己実現欲求が満たされるスケールの大きな仕事を与えられた方が、多くの報酬を得ることよりもはるかにやりがいがあると思うのです。

組織のなかでは、しばしば、罪があって排斥されるのではなく、排斥する気があってから罪がつくられるのだ。

メールは短くすませるべきです。三行でもいい。日本では時候の挨拶から始まって、相手に謝礼や社交辞令を書き連ね、それからやっと本題というメールが少なくありません。メールは最も簡便な通信手段です。あれこれ手間をかけては、簡便でなくなってしまいます。それに長いメールは、相手が読んでくれません。伝えるべき事項を簡潔に書けばいいんです。

券売機の前でうろうろしているお客様がいたら、「切符の買い方がわからないのかな」と気づき、聞かれる前に案内する。行動というシグナルにいかに気づくかが大事。

日本人は価値のあるものには対価を払う人たちだと確信している。だから我々は、提供するコンテンツが価値あるものだと皆さんに伝える必要がある。ネットフリックスでしか観られない、しかしどうしても観たいと思ってもらえるコンテンツを我々は提供できる。

私は社長を務めていますが、いつも「売上を稼いでいるのは社員であって、自分はその社員に養ってもらっている最大の扶養家族だ」と思っています。

ページの先頭へ