諸井貫一の名言|経営は計画的合理的に努力すべきもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり経営は計画的に合理的に努力すべきものである。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近、日本では大学の先生がベンチャービジネスを起こしていますが、米国では一人の先生が行うのはもう限界との認識です。世の中は非常に早く進歩しているので、いろんな人たちの共創でなかったら産業は支えられない。だから物理とか化学、法学というように多くの先生が集まったドリームチームによるベンチャービジネスがいま増えています。

景気が悪いから売り上げが上がらないというのは敗者の論理。景気は自ら作り出すもの。

間接部門を聖域化しない。自分の仕事を守りたい人間もいるから、トップダウンでアウトソーシングを進める。

新しい事業を育てるのは「人」です。新しい事業には、10人いたら8人が反対しても、「俺はやる」というくらい破天荒な人間が必要ではないでしょうか。

「悩んでいる自分」が主人公のドラマを思い描き、映画館のスクリーンに、ピンチのシーンが映し出されているところをイメージします。そして観客の立場から、この主人公にどういうアドバイスが相応しいかと考えてみる。この作業をすると、問題を外から客観的に眺めることができ、具体的な解決策を導き出しやすくなる。これは心理学的にも証明されているテクニックであり、ビジネス上での問題に直面したときにも効果的。

PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。

最近はメンタルな面で「打たれ弱い」部下も増えていて、部下の精神的傾向や性格にまで配慮しながら指示をしないと、組織がうまく回っていきません。

9本のスーバーゴールと10本の平凡なゴール、選べと言われたら迷わず10本の方を選ぶ。

なるべく人の世話役を心がけよ。そして、報を望むな。求むるな。

よく、背から「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言うでしょう。でも、僕は別の解釈をしてるんだよ。「二兎しか追わないから一兎も捕まらないんでね。四兎か五兎ぐらい追いなさい」と。

ページの先頭へ