諸井貫一の名言|経営は計画的合理的に努力すべきもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり経営は計画的に合理的に努力すべきものである。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は自分の人生は波乱万丈ではあるけれど、やってる本人にしてみれば面白くて仕方がない人生だと思っています。何度でも孫正義の人生をやりたい。たとえ無鉄砲だと言われても。

駄目な社員はいない。しかし、駄目な社長はいる。良い会社、悪い会社というのはありません。あるのは良い社長か悪い社長だけです。つまり、経営者は、良い社長になるしかないのです。

基本的な手順は一緒でも、目標、考え方が違えばもたらされる結果が異なります。大きい目標を掲げた方がより大きな結果に繋がりますし、逆に小さな目標では小さな結果にしか繋がりません。また、大きな目標を持てば持つほど、より正しい、つまり事業の成功に繋がる答えが出てくる確率が高まるのです。

死ぬ気でやれば、そこそこの人間でも相当の人材になれる。

ヒットするおもちゃには、「ピカ、カックン、スー」という法則がありました。子供は欲しいおもちやに出合うと、「ピカ」と目を見開き、「カックン」とうなずいて、「スー」と手が伸びる。そんなおもちゃを作ろうと、子供の感性を見抜く努力をひたすらしてきました。

読書の目的をはっきりさせることも重要です。目的のために必要でない専門用語や細かな情報を頭に入れる必要はありません。最低限の情報さえ拾い上げておけばいいのです。

最初から目の前にあるもので何かを生み出そうとしても、予定調和になってしまう。

ページの先頭へ