諸井貫一の名言|経営は計画的合理的に努力すべきもの

やはり経営は計画的に合理的に努力すべきものである。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

周囲の期待を感じると、「飛びたい」という欲求はさらに強くなった。「誰かに期待されている」「必要とされている」という状態は、モチベーションを高め、パワーを生む。

葛西紀明の名言|「誰かに期待されている」状態は、モチベーションを高め、パワーを生む


日本では控え目は美徳ですが、行きすぎるとただのおとなしい人。感情をあらわにせず、自分を常に抑えていては成功できない。

松本幸夫の名言|感情をあらわにせず、自分を常に抑えていては成功できない


今後は、より低価格に流れていくでしょう。おいしさが前提になるのは当然ですが、価格もそれ以上に大事です。「限界はどこまでか」とよく聞かれますが、利益が出ているうちは下げる努力をするべきです。逆に言えば、価格を下げて来店客数が増えれば利益アップにも結び付くのです。

新井田傳の名言|利益が出ているうちは価格を下げる努力をするべき


誰でも最初から一人前なわけではありません。自分は何でもできると過信せずに、謙虚に自らの力量を見極め、行動することが大事。

渡邉英二の名言|謙虚に自らの力量を見極め、行動することが大事


事業を興す上で最も大事なのは、起業家精神が体中からあふれ出るほどに旺盛なこと。果てしない夢を持って、その夢をどうしても形にしていくと思い続けていること。

永守重信の名言|事業を興す上で最も大事なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ