諸井貫一の名言|経営は計画的合理的に努力すべきもの

やはり経営は計画的に合理的に努力すべきものである。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャンスに直面した際、無駄に迷いためらわないこと。即ち颯爽たる決断力をもって、万難を排して、これをキャッチすべしである。

もし上司から頼まれた仕事を断りたいときは、まずは「わかりました」と一度受けて「しかし、いま私はこういう仕事を持っているので、おっしゃる期日までにやるのは難しいと思います」と説明すればいいでしょう。「Yes,But」で対応しましょう。

糖質制限は目的ではなく、あくまでも手段です。他にもっとよい方法が見つかれば、速やかに変えていきます。

人間の能力は無限大で、生まれつきの才能の占める比率は低く、集中して努力した時間によるものと考えています。私たちの能力は限りなく大きなもので、毎日の努力の積み重ねで、その価値を膨大なものにできる。働く人々の努力、すなわち夢中力こそ、会社の貴重な財産だと思うのです。

最近の若いビジネスマンを見て感じるのは、もっと海外に出て欲しいということです。私たちの時代は、海外を経験したいという意欲が強く、大勢の留学生やビジネスマンが海外に出て行きました。最近は海外で働きたいという人もいるものの、国内思考の人も増え二極化していると聞きます。海外で暮らすことはいい経験になるはずですから、どんどん海外へ飛び出して欲しい。

「最近どう?」という漠然とした質問では、部下も答えようがありません。相手が答えやすい言葉を選びましょう。

普通の人はデザインなんて自分には関係がないと思っていますが、デザインはスペシャリストだけがするものではない。モノをどうやって売るか、仕事の計画をどう立てて行動し、変革するか、それらすべてがデザインなのです。全員がデザイナーであることを意識してほしい。

グローバルリーダーといっても、スタイルは決して同じではない。だが、共通点もある。それはものごとの本質を見抜き、答えを自分で考え出せるというところだ。

この戦いは勝てるものなのか。勝てないとすれば、どこに戦いの場を求めるのか。その判断にこそ、経営者の大きな役割があると考えています。

自己投資をケチって貯金ばかりしていると、将来の不安を払拭するどころか、仕事のスキルがあがらず、リストラされる危険すらあります。

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。

売ろうと焦るから、営業の仕事に抵抗を覚えるのです。営業マンの仕事は、売ることよりむしろ、顧客の決断を後押しすることです。「この商品にはこういう難点もありますが、こういう良い点がありますよ」と、相手の決断につながるように要点を整理してあげれば、自然と営業は上手くいきます。

昨今、景気の低迷や社会情勢の大きな変化の中で、苦しむ企業も増えています。そんな中で、強固な経営理念を持っている会社の強さを、特に社長に就任して感じています。創業者から受け継いだものをこれからも大事にしていこうと思います。

ページの先頭へ