諸井貫一の名言|段階的、長期的な経営計画を立てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は社長に就任して一番強く決心したのは、戦争時代からの持ち古しの老朽設備をなんとか若返らせて、生産性の向上をはかりたいということであった。こんな設備は思い切って捨ててしまい、新工場でもつくった方がよいと思ったが、それには莫大な資金が必要なうえ、当時は必ずしも最新式の技術を導入できる段階でもなかったので、私はむしろ着実な方法を選んで、まず厳重な年次計画を立て、第一期、第二期という具合に資金計画とにらみ合わせながら工場の若返りと能力増加をはかっていった。


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昼食で満腹になったあとの午後のデスクワークは集中力が途切れる人が多いようです。そこであえて午後イチに面談や外出といったアポを入れるといいかもしれません。間延びした時間を自ら排除するのです。午後3時以降は再び集中力が戻るので、残った仕事を一気に片付けます。

世の中は何があるか分からない、それに対処して問題を解決するために経営者がいる。

仏の嘘は方便、武士の嘘は戦略なり。

情報というものはアウトプットして初めて価値が生じ、アウトプットするから入ってくるともいえます。いつも同じ所だけを探していても、手に入る情報は限られてしまいます。一見関係ないようなところに、じつは仕事のヒントは隠されています。

物好きが買うだけの市場では大きくなり得ない。特に新興国は価格にシビアですので、格好良さやブランドだけでは買ってもらえない。

60歳以降の人生の主導権を自分で握るためには、定年前後に他社から引き抜かれるのがベスト。その準備は時間がかかるので50代になってからでは遅い。これは40代のうちにやっておくべきことでしょう。

「部下は上司の命令を聞くのが当然」という思い込みを捨てること。自分が部下だったときを思い出してみるといい。上司の権力だけで部下が動くというのは完全な間違い。互いの信頼関係がない限り、部下は動かない。組織運営というのは全人格の勝負なのだ。

何かを達成しようと思うなら、運だけに頼っていてはダメ。目標を達成するためには、「行動し、コツをつかみ、上達する」。そのための努力が必要。

たとえ同じ内容を話しても、体験に裏打ちされていない言葉は浮くのです。反対に、体験している人の言葉は重い。

何でもかんでもユーザーの言いなりになって作っていては、利益を生みだすことはできません。この際、標準化を進めて製品の数を減らして、生産性を高める必要があります。

ページの先頭へ