諸井貫一の名言|段階的、長期的な経営計画を立てる

私は社長に就任して一番強く決心したのは、戦争時代からの持ち古しの老朽設備をなんとか若返らせて、生産性の向上をはかりたいということであった。こんな設備は思い切って捨ててしまい、新工場でもつくった方がよいと思ったが、それには莫大な資金が必要なうえ、当時は必ずしも最新式の技術を導入できる段階でもなかったので、私はむしろ着実な方法を選んで、まず厳重な年次計画を立て、第一期、第二期という具合に資金計画とにらみ合わせながら工場の若返りと能力増加をはかっていった。

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多様な文化、価値観についていける能力は何も外国人とのコミュニケーションに限りません。人口減少と高齢化に向かっている日本では、今後、組織のマネジメントを取り巻く環境も大きく変わるでしょう。女性の活躍や年功序列の崩壊。マネジメントには、いろいろな人の意見に耳を傾け、組織をまとめ上げる能力がますます問われてくるでしょう。

宮田孝一の名言|国内でも多様な文化、価値観についていける能力が重要


僕のような仕事というのは、今、目の前にあるミッションに向き合ってどれだけ結果を残すかということしかないんです。そのミッションを成し遂げる過程で、僕自身も成長する。

玉塚元一の名言|ミッションを成し遂げる過程で、僕自身も成長する


夫婦間で最も大事なことは相手へのリスペクトつまり互いの尊厳を認め合うことです。

佐々木常夫の名言|夫婦間で最も大事なこと


ロンドンでは、言葉には違和感はなかったのですが、文化には驚きました。彼らは新聞、テレビを見る時に、そこにバイアスがかかっているということを、ものすごくわかっているのです。これは大人だけではなく、子供もそうです。例えば、授業では複数の新聞を示して、誰がオーナーで、だからこそどういうバイアスがかかっている可能性があるかを、小学生にも教えているのです。メディアに対しては批判的に、バイアスを認識しながら消費していくという姿勢に驚き、私も勉強してみたいと思い、マンチェスター大学でメディア教育の修士をとりました。

島本久美子の名言|バイアスを認識する


世のため人のためになることは必要条件、儲けることは十分条件。

松本晃の名言|世のため人のためになることは必要条件、儲けることは十分条件


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ