諸井貫一の名言|自分の進むべき道を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

当時すでに第一次世界大戦の胎動があったし、日本の産業は飛躍的な発展を見せようとしていた。そのような社会情勢の中で、私は人間に最も必要な学問は経済学だと考えた。産業を発展させ人間の未来を豊かにし、新しい社会を創造するのは経済学をおいてないと思ったのである。それに私の家は曾祖父の代から実業に従事し、父もまた実業界の人となっていた環境も影響したと思う。漠然とではあるが、私は自分の行く道もやはり実業界と決めていた。
【覚書き|大学生時代を振り返っての発言】


諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は基本的にその日のことしか考えないようにしているのです。「今日は、これとこれをやったら終わり!」と思えば、どんなに忙しい日でも、なんとか乗り切れるじゃないですか。

ブランド力が本物であれば、もっと高い価格で売れるはずです。シェアを追い、量で勝負するのではなく、少量で利益を得る方向にシフトすべきです。

部下が明らかに悪いことをしたら叱らなければいけないのも当然。ただし、ここでも部下のプライドを守ること。「バカ!」だの「クズ!」だのといった叱られ方をしたことは私もありますが、経験上、反発しか残りません。たとえば「まさか君がこんなことをやるとは思わなかった」と叱れば、部下は「この人は自分を信じてくれていたんだ」と感じ、プライドを守ってあげることができるわけです。

グローバルの本質はローカルにあり。

私はサッカーで名声を得ることができました。でも今なお、スパイクをサッカーの心と思い、感謝の気持ちで磨くことに変わりはありません。そして、初めてスパイクを貰ったときの、あの感動を忘れることは出来ません。

テレアポでは、「自分が持っている貴重な情報を、一刻も早くお客様にお伝えしたい」という気持ちで電話をかけることが大切です。「自分には貴重な情報提供の使命がある」。そうした気持ちで電話をかけることで、役に立ちたいという気持ちごと相手に伝わり、相手に良い印象を残すことができます。

喋れば喋るほど、どんどん薄っぺらくなると思うので、相手との心理的な距離を縮めたいと思ったときも、必要最低限のことしか話さず、むしろ相手の話をよく聞くことを心がけるようにしています。

専門性を高めることが他店との差別化を図るための鍵。スタッフが専門知識を備え、対面販売で力を発揮できるような教育が必要。

世の中、どうやったらうまく成果を上げられるかと考えるなら、人のやらぬことを着実にやるのが一番の近道だ。

優秀な社員の成績が落ち込んだときには、必ず具体的な原因があります。それを探らず、「手抜きだ」「やる気がない」と部下を非難しても事態は変わりません。原因を本人に気づかせたり、解決の糸口を示すことが上司の役目なのです。まず、成績が落ちた原因を上司自身が把握する必要があります。

ページの先頭へ