諸井貫一の名言|自分の進むべき道を決める

当時すでに第一次世界大戦の胎動があったし、日本の産業は飛躍的な発展を見せようとしていた。そのような社会情勢の中で、私は人間に最も必要な学問は経済学だと考えた。産業を発展させ人間の未来を豊かにし、新しい社会を創造するのは経済学をおいてないと思ったのである。それに私の家は曾祖父の代から実業に従事し、父もまた実業界の人となっていた環境も影響したと思う。漠然とではあるが、私は自分の行く道もやはり実業界と決めていた。
【覚書き|大学生時代を振り返っての発言】

諸井貫一 の経歴

諸井貫一、もろい・かんいち。日本の経営者。秩父セメント社長、秩父鉄道・埼玉銀行・日本煉瓦製造会長。東京出身。東京帝国大学大学院経済学研究科修了後、同大学で工業経済論の講師を務める。その後、父(恒平)の創設した秩父セメントに入社。支配人、常務などを経て社長に就任。そのほか経団連、日経連、経済同友会の設立などに尽力した。日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事を務め、産業振興に努めた。東大での講師生活は実業をやりながら20年も続いた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

それぞれの業務にかかった時間を記録することで、そのデータをもとに上司が改善を促したり、仕事が速いメンバーのノウハウを他のメンバーと共有させることもできます。突然の資料作成などの「一時作業」も、かかった時間を記録しておけば、似たケースが発生したときに時間を見積もりやすくなります。記録癖はつけておきたいものです。

沢渡あまねの名言|業務にかかった時間を記録するメリット


徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】

西郷隆盛の名言|徳のある人には地位を、功績がある人には褒賞を


その場しのぎで本質的な議論をしないと信頼を失う。

田中健二の名言|その場しのぎで本質的な議論をしないと信頼を失う


多くの笑顔を生む夢は、賛同する人が集まり、成功の確度が高くなる。利益だけを追求しているビジネスは、必ず限界が訪れる。

熊谷正寿の名言|利益だけを追求しているビジネスは、必ず限界が訪れる


良いアイデアというのは得難いものであり、最高経営者は創造力に富んだアイデアを歓迎し、育てる責任があると私はいつも考えていた。最高経営者は、一見突飛なアイデアに率先して予算や資金を割り当て、リスクを冒せる地位にある。少なくとも、そうあるべきだ。

ハロルド・ジェニーンの名言・格言|経営トップは創造力に富んだアイデアを歓迎しろ


私はいつも、困難なときほどやる気が高まる。

岡野雅行の名言|私はいつも、困難なときほどやる気が高まる


欧米企業では、早期に幹部候補生を選抜し、真のリーダーになるために、つまり、幹部層に入学するための育成を施す「入学型」選抜教育がなされる。これに対して日本企業は、いまあるいは過去の仕事で一定の高業績を実現できた者を卒業させて、ご褒美として次の層に上げるという「卒業型」選抜を採択してきた。卒業型では下のポジションで成功しても、上のポジションで成功するとは限らないし、優秀な人材の早期選抜は実現しない。

堀江徹の名言・格言|入社早々幹部候補生を選抜して教育を施せ


職場環境なんて、社員のヤル気次第でいくらでも変えられる。いま、仕事がつまらないと感じている人に聞きたい。「一体、どんな仕事なら面白いと感じるんだ?」。考えてごらん。楽しく生きている自分の姿を具体的にイメージしてみればいい。それが答えなんだよ。イメージした自分を、現実に変えていくために行動する。それすらできないような人間なら、そもそも仕事をする資格なんかないと思ったほうがいい。

藤巻幸夫の名言|楽しく生きている自分の姿を具体的にイメージしてみる


海外の人たちは日本企業といえば、常にピラミッド型を想像します。つまり、上のリーダーが指示し、その下は言われたことをするというイメージです。しかし、階層的な手法はグローバル化すると通用しなくなります。

リンダ・グラットンの名言|階層的な手法はグローバル化すると通用しなくなる


契約している畑の状態は1度や2度視察するだけでなく、長年にわたり把握し、農薬の浸透を防ぐために、提携している畑に隣接する畑がどんな状態なのかも調べています。

朝長哲の名言|商品の安全のため徹底的な調査を行う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ