渋沢栄一の名言|相手の立場を理解することも重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

お前は自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことはできない。
【覚書き|のちに日経連初代会長、経済同友会初代代表幹事、秩父セメント社長などを務めた諸井貫一氏に対して言った言葉。諸井氏は若いころ主張を曲げない一徹さがあり、上記はそれを諭した言葉】


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が採用の最終選考でする質問はただひとつ、「今までの人生をふり返って、自分は強運だったと思う人は手を挙げてください」だけです。同じ点数の人が二人いたら、手を挙げたほうを採ります。本当に強運だったら一緒に働きたいし、その運をもらいたい。強運ではないのにそう思っているとしたら、かなりのプラス思考なので、絶対にそっちのほうがいいですから。

子供の成功と親の愛を引き換えにしてはいけません。ハーバード大学に入れなかったら、親から愛されないなどというのは、子供に健全なことではないでしょう。大切なのは、常に進歩し続けられることを子供に理解させることなのです。

とにかく一枚を撮るのにも時間をかけているのですが、だからこそ、子ども向けの月刊誌のために撮った昆虫を説明するための写真さえ、のちのち、そのまま自分の作品集に収められるクオリティになっていたんですね。

自分を大事にしすぎているから、いろいろと思い悩む。駄目になって結構だと思ってやればいい。最悪の敵は自分自身なんだから。自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。

目標はコミット(約束)だから、やり抜いて達成しなければならない。言い訳をしてもしょうがない。

うちもリーディングカンパニーの一つだと思いますが、リーディングカンパニーは雇用の面でも税金の面でもいろいろな社会貢献をしています。そういう姿を見て、業界全体が待遇改善・労働環境の改善を行うわけです。だからこそ、我々自身がしっかりしていないといけない。

変化を作りだしていかないと成長は望めない。チャレンジした結果失敗しても、経営陣は覚悟して受け止めると、社員には言っています。

ページの先頭へ