伊藤保次郎の名言|経営改革は従業員への率直な語りかけから

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後しばらく三菱鉱業から離れていたので、その後の石炭事情にも、社内事情にも通じていなかったから、まずできるだけ従業員諸君に接して、不況対策についての心境を率直にぶちまけることにした。
【覚書き|戦後、朝鮮動乱後の不況のときに古巣の三菱鉱業に戻り社長に就任したときを振り返っての発言】


伊藤保次郎 の経歴

伊藤保次郎、いとう・やすじろう。日本の経営者。三菱鉱業(のちの三菱マテリアル)社長。山形県出身。東京帝国大学法学部経済学科卒業後、三菱合資に入社。その後、三菱鉱業に移り、労務部副部長、調査海外部長を務めたのち、日本アルミニウム専務・社長。第二次世界大戦後は日本精鉱社長を経て、三菱鉱業に戻り社長を務める。そのほか東北開発総裁、鉱山経営者連盟専務理事なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

先日、若手チームによるプロモーションプロジェクトの検討報告を役員会で行いましたが、私を含め役員から見ると、ここはこうしたらどうかという部分がいろいろ見つかるわけです。しかし、ここは若い力に任せ、我々は意見を言わずに責任だけ取ろうということに決めました。

お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。

ラグビーは自分の手柄を考えないで、チームの捨て石になり、その結果をみんなで喜び合うスポーツです。だから、トライをしてもガッツポーズをするのではなく、ボールをパスしてくれた皆に感謝するという精神が大切です。その考え方はラグビーに限らず、人生に広く通用するはずです。

人生、生きるということ自体が、新鮮な驚き、喜び、新しく開かれていく一瞬一瞬であり、それは好奇心という浮気っぽいもの以上の感動なんだ。

老人はもう、黙っていればいいんだ。退職金をもらってさっさと辞める。それが一番大切だよ、日本再生には。

年金と退職金で悠々自適だと思っている人はしくじる。豊かな老後を手にできるのは、定年後、毎月10万円、15万円など、収入を得る方法を具体的にイメージし、準備できる人。そのためにはすでに独立している同期や同級生といった人脈を現役時代に築いておく。勤務先の看板を外したときに稼げるのが豊かな人で、社内政治にうつつを抜かしている人は貧しい老後になる。

話すことが苦手な人は特に「朗読トレーニング」がおすすめ。たった1分でもいいから日課にしてほしい。滑舌が良くなり、人に伝わりやすく話せるようになります。自分の中にはなかった語彙が増え、上手な文章の組み立て方といった情報もインプットされるので、言葉がすらすら出てくるようになる。話す技術が驚くほど向上します。

私が長年、習慣として続けていることに「1日10分、反省の時間を設ける」ということがあります。これは、私が新卒で住友海上火災保険へ入社して以来の習慣です。私は理系の学部を卒業したのですが、配属されたのは意外にも法務関係の部署でした。専門とまったく違う分野の仕事。右も左もわからないなか、とりあえず入社半年は先輩に言われたことを全部吸収しようと決めました。そして、それを日々反省して、自分の行動を改善していく、ということを繰り返したのです。このときの経験が、その後の私にとって大きな財産となりました。

類人猿の時代から、人間は自由を欲してはいますが、不安があるときは仲間と一緒にいたい。高度成長時代には、そんな仲間をつくらなくても家族単位で団結できましたが、いまは一人暮らしの人が多い。Twitterやソーシャルネットワークサービスで仲間をつくるのは、ネットを通して仲間をつくりやすくなったこともありますが、やはり不安の表れでしょう。

みなさんは職場で与えられた仕事や自分のやるべき仕事を、目標を立ててやっていると思いますが、私にとってそれは仕事の段取りであって、目標ではありません。私の言う目標とは、もう少し長期的な視点で見たビジョンのことです。夢と言い換えてもいいかもしれません。そういう前提で話すと、私は目標を明確に設定して、仕事に取り組んできたわけではありません。

ページの先頭へ