中山均の名言|女房がいてこその幸福

考えてみると、私は世にも幸福な男かもしれない。三男一女の父だが、そのうち次男を戦争で失った以外は、みんなよき息子、よき娘で、それぞれよき家庭を営んでいる。子供たちがこうも見事に育ったのは言うまでもなく私の力ではない。私にそんな力や才能のあろうはずがない。なにを隠そう、みんな女房玉恵の丹精のたまものである。

中山均 の経歴

中山均、なかやま・ひとし。静岡銀行頭取。早稲田大学卒業後、天龍川治水などに尽力した金原明善氏の付き人をしたのち、第百銀行を経て浜松銀行入社。二川支店長、新居支店長などを経験したのち、西遠銀行をはじめとして大小の銀行120行を合併し静岡銀行設立に尽力。その後、同行の副頭取を経て頭取。浜松新聞創業者、地方銀行協会会長、日銀政策委員会委員なども務めた。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ