出光佐三の名言|カルテル企業との付き合い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

石油カルテルは悪いものかというと決して悪いものではない。これがあったから世界の石油資源が開発され市場も大きくなって今日の石油事業が存在するのである。メジャー・カンパニーがやっているカルテルは大功労者である。けれどもこちらが隙を与えると独占されて高く売りつけられる。こちらが実力を持って隙を与えないようにして向こうを利用していけば、向こうも喜んで日本のために尽くす。これがカルテルの本当の姿である。であるからこちらは実力をしっかり持っていなければならない。


出光佐三 の経歴

出光佐三、いでみつ・さぞう。石油元売り会社大手の出光興産創業者。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、神戸で小麦と石油を商う酒井商店に丁稚として入社。25歳で独立し出光興産の前身である出光商会を創業。貴族院議員も務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イノベーションは、失敗の山の中から生まれるので、失敗は次の成功の糧になればよいという文化が必須。

牛丼を食べる刹那的な時間であるけれど、お客さんとのメンタルなつながりを大事にしていきたい。そういうマインドを、心根のところで共有していきたい。

部下の能力と上司の能力をすりあわせなければ、イノベーティブな仕事を創り出すことはできない。そのためには、プロセス全体をチェックすることが大事。

アクティブラーニングを一言で言うと、児童生徒が「寝ない授業」だと言っているの。つまり生徒が主体的にそのテーマについて考えて関わっているということ。

男性であれ、女性であれ、本当にマネジメントカが高い人は、異質な人の力も上手に生かし、同質でも能力のない部下は遠ざけていくものです。

個人的共感を呼ぶことを大事にしています。ロンドンのときは登壇の際に少しでも共感を持ってもらおうと、クイーンの音楽を流して「皆さんの前でプレゼンするので、バーバリーの新しいスーツで来ました」というようなことから話をしましたね。

単式簿記の家計簿では単年度ごとの予算管理で完結してしまうため、「この5年間でどうなったか」といった継続性を持った分析ができない。家庭全体の損益の状況や資産と負債の変動をシステマティックに把握できず、各種ローンやクレジットカードの活用、有価証券への投資など複雑化した家計行動を一元管理できない。

自分ができなくても、できる人を知っている。あるいは、誰に任せることができるか判断できる。このような能力は、管理職はもちろんのこと、一般社員でも必要な能力とまっている。

一般の会社だと、社員持ち株会などをつくって、株をわけたりします。そかし、それくらいのことでは、社員は会社を家庭だとは思いません。そこで、まずは情報を共有することにしました。当社では幹部だけが知っている数字などありません。製品をどれだけ売って、どれだけ儲かったかは社員なら誰でも知っています。また、リストラをやったことはないし、これからもしないつもりです。給料も地元では高い方です。社員旅行も、一年おきに海外へ出かけています。万が一、社員や家族の身に何か起きたら、私が完全に面倒を見ます。

世界中にサービスを広めるには、熾烈な競争を勝ち抜く必要があり、戦う姿勢がないと生き残れない。

ページの先頭へ