出光佐三の名言|組織は小さく

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまの官庁などは人間が組織に使われているが、我々の方は人間が組織を使うのだから組織は小さくてもいい。では組織は無用かというと無用じゃない。最小限度に使う。法律でも規制でも人間がしっかりしておれば最小限度で済む。私の会社は小さい組織だ。


出光佐三 の経歴

出光佐三、いでみつ・さぞう。石油元売り会社大手の出光興産創業者。神戸高等商業学校(のちの神戸大学)卒業後、神戸で小麦と石油を商う酒井商店に丁稚として入社。25歳で独立し出光興産の前身である出光商会を創業。貴族院議員も務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

変わらないと飛躍できない。

ストーリーラインで数字をとらえる感覚が大事。ストーリーがあれば数字は面白くなりますし、説得力のある話もできるわけです。

やはり現場主義、現場に入ることが一番大事なのではないかと思います。

当社は、東日本大震災の前に、徹底的な生産性の向上を図っていたことに加え、震災後の悲観的な時代にも、将来的なインバウンド拡大を予測し、先行して外資系ホテルの誘致を積極的に行ってきました。そうした経営が奏功し、現在のホテル活況の恩恵を受けやすいポートフォリオを築くことができ、収益も拡大しています。

優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服はできない。

オフィスの片づけは、まず引き出しや棚の中のモノを、すべて出してもらいます。すると各自が持ち物の総量を把握できます。不要な持ち物にも気づくでしょう。

「確かに面白いけれど、どうやって使うんだろう?」というアイデアを出すより、みんなが普通に使っているサービスの不便に着目し、そこを変えていく。そういうサービスの作り方をしてきたし、これからもしていきたい。

今は未来のためにあるもので、今、どうあるかが重要。

優先順位の高い仕事とは、周囲の人に影響を与える仕事、簡単にいえば、遅れると誰かの迷惑をかけてしまう仕事のことです。あるいは、これを処理しないと次に進めないという仕事も優先順位が高いといえるでしょう。これらの仕事は、アクションリストの中で目立つように赤字で色分けしておくとわかりやすくなります。

私は千葉県の公立高校で約40年間、数学を教えた。その経験から、数学、なかでも統計学のすばらしさを実感している。しかし、我々が普段接している統計の内容には、怪しいものが少なくない。専門家が使う立場と、我々が日常見ている統計はかなりギャップがあり、危険だと感じている。統計学の大前提は、ランダムにとった標本をもとに分析し、その上に理論が成り立つ。ところが、それを恣意的に使い、相手に誤解を与えるような使い方がなされているケースが多々見られる。

ページの先頭へ