堤康次郎の名言|従業員を大切に扱う

私は従業員の生活は何としても安定させなければいけないと考えており、戦後はじめて賃上げ闘争があったとき、一挙に5倍引き上げを全部認めたこともある。食糧難時代には、食料確保にあらゆる努力もした。感謝と奉仕の信念で、全員が結ばれている。

堤康次郎 の経歴

堤康次郎
堤康次郎、つつみ・やすじろう。西武グループの創業者。衆議院議員、第44代衆議院議員議長。海軍予備学校を卒業したのち早稲田大学政治経済学部入学。卒業後、大隈重信主宰の政治評論誌「新日本」の社長に就任。その後、様々な事業を行うも失敗。儲けよりも感謝と奉仕を主眼に置いた生活に入る。軽井沢開発を行い駿豆鉄道(現:伊豆箱根鉄道)を経営。大きな財を成す

Comments are closed.