中原淳の名言|部下の仕事を把握する

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司は部下の仕事を正確に把握していないことが意外と多く、上司が思うよりも負荷が大きかったり複雑だったりします。割り振る仕事の内容を把握し、どの程度の負荷がかかるのか、部下に説明する必要があります。そして、部下の能力と負荷の関係から適正な期限を設定するのです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グローバルレベルでの競争力向上のために人材の育成と活性化に取り組んでいます。人材としては、夢を持った人、構想力を持った人、そしてそれに向かって愚直なまでに努力を一歩一歩続けていける人が望ましいと考えています。

小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり。
大義を背負ったときに、人間は一番強くなれる。

社長を続ける中で、一番怖いと思ったのは、最後は何でも自分で決めなければ気が済まない独裁者のような存在になってしまうことです。

私たちの時代は、世間の大人たちは中学生のセックス体験を「ありえない」と言って、半ばあきれたり、驚いたりしていました。私はすでに、そのありえない体験をしていましたが、周囲の大人たちは怒ることはあっても、セックスに対する知識や、対策は何も教えてはくれませんでした。

思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。

人生の中で経験したことはすべて、自分の力になる。

大きな挫折を経験した人間は、再起のチャンスが巡ってくれば同じ失敗はしないし、並々ならぬガッツで勝ち抜くものだ。

ページの先頭へ