中原淳の名言|仕事と人格を分離する

このエントリーをはてなブックマークに追加

不平不満をぶつけて、一方的に上司を悪者にしてしまうのも建設的ではありません。仕事と人格を分離して、ことをなしたいものです。「一緒にやりましょう」とか「協力させてください」というスタンスを見せることも大切です。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネス化できるのは、「好きなこと/したいこと」と「得意なこと」「稼ぐこと」が重なる分野。3つが重なることで初めて、楽しく長く続けられるビジネスができる。

理系離れは深刻です。日本では研究者の地位があまりに低い。若い人たちに研究者が魅力的な仕事に見えていません。このままでは担い手がいなくなってしまうと懸念しています。米国は日本の逆です。研究者の社会的地位が高い。ハードワークなのは日米同じですが、ちゃんとした家に住んで、ホームパーティーを開いて、楽しく暮らしている人が多いのです。給料そのものも高く、ベンチャー企業とのつながりも強い。米国では研究者が憧れの職業なのです。

需要の変化に応じて迅速に生産を調整できるのは、生産のリードタイムを可能な限り短縮しているからです。

会話では、相手を褒めることを常に意識するといい。アメリカの心理学者、マズローによる有名な欲求段階説によれば、究極の欲求が自己実現で、その次が承認欲求となっている。つまり、誰だって認められると嬉しいのだ。

私にとって生保の経営は初めてですが、数年以内に、ビジネスを成長軌道に乗せるということは常に意識しています。いまはまず弾みをつけたい。そのためにはスピードも求められますし、トライ&エラーも必要です。

聞いた内容を他人事ではなく自分事に落とし込めるかどうかでモチベーションが違ってきます。だからこそ相手に合わせて話すようにしています。

私はオーナーではないため、オーナー、つまり創業者のDNAをそのまま継承することを常に考えて経営をしてきました。

ページの先頭へ