中原淳の名言|上司にもの申すときは憎まれ役を買って出る気持ちで

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも上司に「モノを申す」ことは憎まれ役を買って出ることです。従来のオペレーションを脅かす行為にほかなりません。新しいことをなすときは、必ず葛藤や矛盾をともないます。ある程度憎まれることは折込済みで挑むべきなのです。どうせ波風が立つのなら、たとえ生意気だと思われても、最終的に上司に納得してもらえて、その結果、うまく仕事が進むようになれば目的は果たせます。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

立場が違えば考え方が違うのも当たり前。

ありがたいことに人が人を、客が客を呼んでくれる。クチコミで紹介してくださるから、広告宣伝費は低いですよ。そうやって選んでもらえるのは尽くして尽くして尽くしまくるという利他の心のおかげでしょう。

知恵を絞ることは大変なことです。

仕事の基本である「報連相(報告・連絡・相談)」は上司の心のケアという意味もあるのです。経験を重ね、実力も身についた人ほど、上司に甘えず、難しい仕事でも自分で判断してしまいがち。しかし、上司からすると自分が尊重されていないと感じる原因となります。細かに「報連相」をし、「私はあなたを信頼しています」と上司に示すことが大切です。

どんな時代にも、リスクを取って本流以外の新たなことに挑戦する人がいなければ、組織は発展していきません。

原因は何十年かのちに学者が明らかにするだろうが、行動する経営者としては待っていられないだろう。使えるもの、分かったことはどんどん使いなさい。

明治維新前後、期せずして維新の同志が現われたように、これが正念場と思ったら、恥を知り名を惜しむ者は出会えということだ。まず動いてみなければ何も始まらない。

ページの先頭へ