大岡新一の名言|経営再建の第一歩は経営情報の共有

円谷プロの経営を立て直す中で私が最も気を付けたのは、社員が疑心暗鬼に陥らないよう、経営情報を共有することでした。その際には、なるべく肉声で語りかけるようにしました。円谷プロは社員約80名のコンパクトな組織です。年末や年初、期が変わる際、また経営上で大きな変化があったときには、会議室に本社勤務の社員全員を集めて、私から直接話をするようにしています。

大岡新一 の経歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下とコミュニケーションして情報を取ってくることが幹部社員の重要な仕事のひとつ。

社外の活動や付き合いも大切だと思いますが、社内人脈を甘くみていると、次第に社内で孤立し、評価もされにくくなります。今の職場で低い評価をされていたら、たとえ転職してもうまくはいかないでしょう。

「期間限定」という言葉は、強い強迫観念をもたらします。自分の目の前にあるものが、今は手に入るけど、時間がたつとなくなってしまう。そう感じたとき、どうしても手に入れなければ、と考えてしまうのが人間です。この衝動は空腹感と関係があります。

私は「人脈は宝脈」という言葉をよく使います。あなたの仲間は生涯にわたってあなたを助けてくれる、かけがえのない宝でもあるのです。

自然は豊かな恵みを与えてくれますが、身勝手で残酷でもある。そこに生きる我々は、謙虚さを忘れてはなりません。

私は我が国のサービスは一般にお節介がすぎると感じています。かゆいところに手が届きすぎて、逆にユーザーの選択肢を奪っている。自分のことは自分でやるから、やりたいことをやれる環境だけを整えてほしい。

私は大企業、中小企業を問わず従業員がわくわくし、熱気をもって働いている職場をみている。そこでは例外なくリーダーたる人が自信をもって進めている。

カリスマ性のある人のやり方はその人にしかできないので次につながりません。

必ず過去2年分の手帳を持ち歩いています。昨年を参考に、先の予定を想定し、前倒しで取りかかります。

人が動く時の決め手になるのは、理性的な判断ではなく感情による判断。敬意や配慮を欠いた依頼は、相手の感情を損ね、成功しません。

ページの先頭へ