大岡新一の名言|経営再建の第一歩は経営情報の共有

円谷プロの経営を立て直す中で私が最も気を付けたのは、社員が疑心暗鬼に陥らないよう、経営情報を共有することでした。その際には、なるべく肉声で語りかけるようにしました。円谷プロは社員約80名のコンパクトな組織です。年末や年初、期が変わる際、また経営上で大きな変化があったときには、会議室に本社勤務の社員全員を集めて、私から直接話をするようにしています。

大岡新一 の経歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事ができないと、自信がなくなる。するとなんとか生き残ろうと、いい人になる。いい人とはまさに、人目を気にする人です。でも今は、昔と違って会社に体力がありませんから、今後はいい人だけで生き残っていくには、いよいよ厳しい時代になるでしょう。

吉越浩一郎の名言|いい人だけで生き残っていくには厳しい時代になる


目標の達成には、特殊な能力とか才能は必要ではありません。何が足りないのかきちんと分析して必要な行動をきっちりやっていくこと、そしてモチベーションを維持することが、目標達成への道です。

川西勝三の名言|目標達成に必要なのは能力や才能ではなく、分析して行動を修正していくこと


18歳で初めて経験した世界大会で、僕が勝てなかった日本人選手たちがみな予選落ちするのを目の当たりにして、日本での一番がひとつの島での一番でしかないことを痛感しました。そして、自分の目標が小さかったことに気づき、100メートルという世界に現実味を感じなくなっていったのです。そのときからは、僕にとっては「世界に出る」ことがとても重要になっていきました。

為末大の名言|目標は大きく


好きな言葉の一つは「才能とは、努力や情熱を継続できる力」。これは将棋の羽生善治氏の言葉です。将棋が好きで棋士の人生をたどり、羽生氏の本を読んだのですが、この言葉が書いてありました。たとえ子どもの頃は強い棋士でも、やり続けなければ結果は出せない。起業して2~3年後に出会った言葉ですが、今もこの言葉を念頭に仕事をしています。

高畠靖雄の名言|やり続けなければ結果は出せない


ある人が「サッカーに関わる資格を取りたい!」と考え、直接Jリーグのチームに電話して、「審判でもマッサージでもいいから何か仕事はないですか?」と聞いたそうです。その結果、マッサージ師なら外注しているから資格を取ればチャンスがあることがわかりました。このように、資格を取る前にどの程度ニーズがあるか狙った先に直接聞いてみるのも大切です。

横須賀てるひさの名言|資格を取る前にどの程度ニーズがあるか聞いてみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ