大岡新一の名言|社員に攻撃的に仕事をやってもらい、最終責任は経営者がとる

円谷プロはウルトラマンのおかげで知名度が抜群に高い。そのため従来は受け身で、お行儀がいいというか、知名度にあぐらをかいている面がありました。そのうえさらに、消極主義が根付いていました。そこで私は「受け身の姿勢では生き残れない。最終責任は僕が持つから、もっと攻撃的に、提案型の仕事をやってほしい」と注文を付けました。

大岡新一 の経歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員同士が信頼し合えない、協力できない重苦しい職場を改革するにはどうしたらいいのか。必要なのは、従来は当たり前とされていた「組織のための人材づくり」ではなく、「人のための組織づくり」に発想を180度転換するということです。組織のために人を働かせるのではなく、人がよりよく生きるための組織に変える。社会課題と向き合い、多様な知恵と思いを持ち寄り、自分も含めて周囲の人たち、社会全体がよりよく生きるために何ができるかを真剣に考え、行動できる集団に変えていく。

コストばかり気にして製造拠点をあちこち移転しても仕方ありません。むしろ現地での顧客満足度を最大化することを軸に、対応を考えなければならないのです。

私が必ず必要だと思うのは、「法律」「英語」「会計」の3つ。この3つだけは外せません。これらの基本的なことがわからなければ、これからのビジネスにおいて経営者は生き残ってはいけません。

これまで私達は「コンラッド東京」や「シャングリ・ラ・ホテル東京」、「ウェスティンホテル仙台」などを誘致しており、特に相手を決めずに、その場所やプロジェクトに合ったパートナーを選ぶことにしています。今後も特定の相手とのみパートナーシップを結ぶ考えではありません。

世界をリードした偉大な政治家や軍人たちが、いかなる状況の下で何を考え、どのように行動したかということを読書で身につけることによって、自分の体験を膨らませることができるのです。しかし、体験のない物には何をかけてもゼロなので、やはり自分自身の持っている生活体験はパン種のようなものでとても大切で、それに付加価値を付けるのが読書だと思います。

『ギリシャの犬』にある「結婚するなら犬の方がいい」っていう御手洗のセリフは、女性ファンにずいぶん受けましたね(笑)。同人誌にもよく取り上げられていました。こちらの考えでは吉敷シリーズは女性向け、御手洗シリーズは男性のマニア向けだと思っていたんだけど、蓋を開けてみるとまるで正反対で、分からないものだと思いました。

人は艱難はともにできるが、富貴はともにできぬ。
【覚書き|人間は理想や志への挑戦に対し大勢が一緒になって苦労することはできるが、富や名誉を求めるために大勢が一緒に行動することはできないという趣旨の発言】

パートナーとのアライアンス(提携)が開発の推進力となっている。パートナーの力を借りることで自社の技術だけでは対応できない部分もカバーできる。

メジャー行きをとくに意識したとなると、96年の日米野球ですね。ヤツらのスウィングを見ていると、いまの一打席をものすごく大事にしてバットを振っている感覚があるわけですよ、何の迷いもなく。なんかこう、自分がやりたいスタイルって本当はああいう感じだったのに、いつのまにか殻に入ってしまったというか、なんか自分が小さく見えてね。自分でもそういう感覚を失ってたわけじゃないんだけど、それほど強くなくなっていたんでしょうね。あぁ、いいなぁ、って思いましたよ。

私の胸にあったのは、ただ「やるぞ」という決意。年々売上げが少しずつ減っていく豆腐業界を、明るくしたい。その覚悟を決めただけです。
【覚え書き|売上高30億円程度のときに40億円を投じて新工場を設立した当時を振り返っての発言】

ページの先頭へ