大岡新一の名言|社員に攻撃的に仕事をやってもらい、最終責任は経営者がとる

円谷プロはウルトラマンのおかげで知名度が抜群に高い。そのため従来は受け身で、お行儀がいいというか、知名度にあぐらをかいている面がありました。そのうえさらに、消極主義が根付いていました。そこで私は「受け身の姿勢では生き残れない。最終責任は僕が持つから、もっと攻撃的に、提案型の仕事をやってほしい」と注文を付けました。

大岡新一 の経歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日中間の旅行は、人の行き来が「草の根」交流として重要です。ビジネスとして見れば、単価は高くないですし、利益も多いわけではないので、それほど大きな影響はないのですが、旅行は国と国との関わりの基本です。人と人との交流が明らかに細る、止まるということはあってはならないし、粘り強く、良い空気を作り上げていくことが大切だと思います。

万人に役立つものがあるとすれば、これからは「人を巻き込む力」でしょう。自分ではできないことを誰かにやってもらうために、声をかけられるか。見返りに自分が提供できる価値を身につけているかどうか。

十分な事実があれば、優秀な人材はそこから何かを引き出すことができる。

オリックスのコーポレートカルチャーは、新しいことにチャレンジすること、自分の足で立つこと、柔軟に動くということ。

会社は一つの組織なので規範を持つことは大切ですが、物事を前に進めるときは、社内のルールではなくグローバルなルールというか、もっと高い位置からの視点を持って取り組むべきだと思うのです。アクセルは外側の目で踏んで、ブレーキは内側の目で踏むという感じがいいと思いますね。

何かと小うるさい、無言で黙っている、見た目が怖い……。どんな営業マンでも、苦手に感じるお客様はいるものです。しかし、その拒否反応は、必ずお客様に伝わります。すると、お客様もよほど鈍感な人でない限り、拒否反応を示すものです。お互いが拒否している状態では物はまず売れません。

新しい産業の場合、最初は新規参入が相次いで競争が激しいが、2~3年たてば勝ち組と負け組がはっきりと分かれてくる。

講演会などで私がよくご紹介する格言に、次のようなものがあります。「大切なことは、大切なことを、大切にすることである」。大切なことを大切にする、これが意外とできていない。

私は子供のときから、「3年後にはこんな自分になっている」というふうに具体的な将来像を思い描いて、そこに向かって頑張るというやり方を、ずっと続けてきたんです。でも入社時には、将来の方向性は明確にしていましたが、「具体的な目標は立てない」と自分に言い聞かせることにしました。目標しか見えなくなって突き進んでしまう傾向が私にあるからです。

隣に引っ越してきてほしくない人ほどテレビに出せば面白い。

ページの先頭へ