大岡新一の名言|社員に攻撃的に仕事をやってもらい、最終責任は経営者がとる

円谷プロはウルトラマンのおかげで知名度が抜群に高い。そのため従来は受け身で、お行儀がいいというか、知名度にあぐらをかいている面がありました。そのうえさらに、消極主義が根付いていました。そこで私は「受け身の姿勢では生き残れない。最終責任は僕が持つから、もっと攻撃的に、提案型の仕事をやってほしい」と注文を付けました。

大岡新一 の経歴

大岡新一、おおおか・しんいち。日本の撮影技師、特撮の監督、経営者。ウルトラマンなどで知られる円谷プロダクション社長。東京出身。慶應義塾大学法学部中退後、円谷プロダクションに入社。帰ってきたウルトラマンなどの撮影に参加。その後、フリーカメラマンなどを経て、特撮監督として活躍。2008年からは社長として同社の再建にあたった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

危機を共有体験とするとリーダーシップのもとに結束しやすい。

金成憲道の名言|危機を共有体験とするとリーダーシップのもとに結束しやすい


法人相手のソリューション営業で鍛えられたため、危機的な状況や課題をどうやって乗り越えていくのかを考えるのは、得意分野でもあり、燃える部分でもある。

小早川智明の名言|危機的な状況や課題をどうやって乗り越えていくのかを考えるのは得意分野


絶対にやってはいけないことは、証券会社や銀行の店頭に行って「何を買えばよいですか?」というような投資信託の相談をすることです。厳しい販売ノルマがあり、強烈なプレッシャーがかかっている彼らに相談してしまったら、「食いもの」にされるだけです。手数料の高い投信を薦められるに決まっています。

小宮一慶の名言・格言|証券会社や銀行窓口で投資信託を買うのは食い物にされるだけ


日本郵便は社会インフラとしての側面を持ちますが、だからといって赤字を垂れ流すのは許されない。郵便事業の採算性を高めつつ、それ以外で黒字化できるビジネスを育てる必要がある。

横山邦男の名言|社会インフラだからといって赤字を垂れ流すのは許されない


仕事って、フラットな気持ちで臨んだほうがいい結果を生みますね。収録前に構えないほうがいいんです。

内村光良の名言|フラットな気持ちで臨んだほうがいい結果を生む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ