工藤公康の名言|能力があっても活躍できない人は目標と問題意識がないだけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

能力はあるのに気持ちが弱いために期待通りの働きができない若い選手が少なくありません。ほとんどの場合、具体的な目標を設定せずに、ただ言われた練習メニューを漫然とこなしているだけなのです。「自分は何をすればいいか、そうすることでどうなるのか」という問題意識がないために結果を残せず、どうしていいかわからず悩み、いずれ気力も失せてプロを去っていくのです。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

得意なものが1つあれば、それで十分良い。世界は協調した方がいい。得意技を持ち寄れば今よりもっと住みやすい世界になる。日本はここをやりますというのを持っていることが外交上極めて重要。

いざ上司に相談をしたら、自分の考えとまったく違う方向を指示された、という経験のある人も多いでしょう。上司の考えに納得できるのならいいのですが、そうではない場合、今度は部下の方にストレスが溜まってしまいます。そうした場合に有効なのが「松竹梅方式」で上司に提案するやり方です。一案だけ提示して相談をすると、上司から粗探しをされる可能性があります。そこで上司が比較検討しやすいように複数の案を持っていくわけですが、そのなかに、あえて質を落とした捨て案や可能性の乏しい案も入れておき、自分が望む案を上司が選ぶように仕向けるのです。

経験上、メモは見返さない。すぐ発信し、有効活用を心がけています。

自分の店だけを見るな。世の中の変化にいかに対応するかという視点が重要。自分の店を見ているだけでは、変化には気付けない。見るべきものは、自分の店舗ではなくお客様。

三作目の『DISTANCE』でも、テレビのやり方に近づけるために現場で働く人数をギリギリまで減らして、テレビ的な横の連携で映画をつくってみたんです。たとえば録音の人も音だけを聞きながら「このセリフのニュアンスは違うんじゃないか」などと演出と脚本にも意見を言ってくれる。担当のセクションを越えて意見が言い合える環境が理想的だと思っています。

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。

伊那食品工業でも、今より会社の規模が小さく、お金もなく、人員に余裕がなかった時期に、研究開発部門を設けて数人の社員を配置しました。その後、いつでも全社員の10パーセントの人員をそこにあてることにしてきました。これは寒天業界の見通しが明るくなかったため、危機感を抱いて始めたことではあります。しかし結果的に、寒天を原料とするさまざまなオリジナル商品を開発してきたことによって、当社は業界でナンバーワンの存在になれました。新しいマーケットを創出し、同業他社と競合することなく売上を伸ばし続けることができたのです。

ページの先頭へ