工藤公康の名言|能力があっても活躍できない人は目標と問題意識がないだけ

能力はあるのに気持ちが弱いために期待通りの働きができない若い選手が少なくありません。ほとんどの場合、具体的な目標を設定せずに、ただ言われた練習メニューを漫然とこなしているだけなのです。「自分は何をすればいいか、そうすることでどうなるのか」という問題意識がないために結果を残せず、どうしていいかわからず悩み、いずれ気力も失せてプロを去っていくのです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

法律だからといって完璧なものではないことを念頭に置くべき。日本人はあまり論理を磨いてきませんでしたが、自分の頭で考える力を身につけていくことが、結果的に自分と社会を守れる近道ではないでしょうか。

「事実と意見とを、はっきり区別する」ことを常に心がけています。何かが起きた時、それは「事実」なのか、それとも誰かの「意見」なのかがごちゃごちゃになっている、という場面は、ビジネスの現場でよく見られます。「何が事実で、どんな意見があり、やるべきことは何か」。この点を常に意識し、事に当たるようにしています。

最近は、部門や会社をまたいだ会議が頻繁になってきています。そうした言葉の解釈にズレが生じやすい会議では、ホワイトボードを使って言葉の確認作業を行うことが、より必要になってくるでしょう。

行動することが大事。たとえば結婚したいと思うなら、家で婚活の本を読み続けていても何も変わらない。やっぱり相手のいるところに出かけていかないと。

自分の経営者人生を振り返ると人に恵まれました。ピザーラを始めるとき力になってくれたのは、学生時代、一緒に旅行サービス業をしたり、選挙応援で走り回ったりした仲間たち。父が病に倒れ学校をやめようかと思った私に「学校だけは出なさい。それが財産になるから」と言ってくれたのは、友達のお母さんたち。そして誰よりも妻と母の2人に支えられました。妻は「清く正しく美しく」、母は「清濁併せ呑む」とタイプは違いますが。感謝ですね。

(92年、ホンダのF1参戦)最後の年にドライバーのアイルトン・セナが鈴鹿のレースでリタイアしたのは、小さなボルトがポロっともげただけなんです。なぜそんなミスが出るのか。守りに入ったときに起きる気の緩みです。成功の後には必ず代償が来るんです。

いくら良い攻めをしていても、一発でやられる場合もある。

いまさら「飛び地」の分野に進出するつもりはありません。残ったコアの部分を強化するためにM&A(企業合併買収)を進めていきます。事業の「選択」は終了し、ここ数年はもともと強い事業をより強くするための「集中」を行ってきました。オムロンはわりあいキャッシュが豊かな会社ですから、対象さえきちんと見定めれば、積極的にM&Aを進めることができます。

上司がひどかったら反面教師として自分が上司になった時に生かせばいい。部下はどうしたらついてくるのか、しっかり学ぶいい機会と捉えるのです。

雑談の話題は芸能、スポーツ、経済、社会と何でもいい。当たり障りのない話題で複数のエサを撒き、相手が興味を持ってきたものを膨らませるのが有効です。

ページの先頭へ