工藤公康の名言|能力があっても活躍できない人は目標と問題意識がないだけ

能力はあるのに気持ちが弱いために期待通りの働きができない若い選手が少なくありません。ほとんどの場合、具体的な目標を設定せずに、ただ言われた練習メニューを漫然とこなしているだけなのです。「自分は何をすればいいか、そうすることでどうなるのか」という問題意識がないために結果を残せず、どうしていいかわからず悩み、いずれ気力も失せてプロを去っていくのです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事な言葉こそ、定義にまでさかのぼって、皆で共有する必要がある。

優秀な海外事業担当者がいるかどうかが、海外展開の成否を決める最大の要因。

当社の企業風土のひとつとして、分権化を重視していることが挙げられます。これはグローバルカンパニーでは珍しいことですが、個々のグループ会社が、担当するマーケットに関しての全責任を負っているのです。つまり、会社組織自体が、上部組織に相談しなければ何事も決められないという体制ではないのです。

成せばなるという確信のもと、無謀な低価格競争を抜け出すために品質の改善を行ったり、紙おむつなど新しい製品分野を開拓して、参入三年後には国内トップになりました。その後はアジアを中心に積極的に海外展開して、世界第三位メーカーになり、世界一が夢ではなく目標になりました。

面白いことに、「ツイてる」「運がいい」と思える人の周りには、ツキのある人が集まってきます。「ツイてない」「運が悪い」と嘆く人の周りには、ツキのない人ばかりが集まります。ツキのある人同士は、協力者になりやすい。ツキがツキを呼び、運が運を呼ぶという好循環は、そうした人のネットワークによってつくられていくものです。

協力者を得るには、「人に好かれる魅力的な人間になる」ことに尽きます。「この人と一緒にいたい」と思ってもらえればいい。

自分を見つめるとは、自分の強みを知る、もっと正確に言えば、自分の性格の強みを知ることです。たとえば、仕事上での強みが分析力だという人がいたら、その背景にはいい意味で理屈っぽいという性格があるはずです。まずはそういう自分の性格の特性を把握して、仕事に活かしてください。

私には、中国人と日本人のアシスタントがいて、いつもいろいろリサーチしてくれているんですよ。一人はミュージシャン、もう一人は映像作家。私が知らない世界を知っているから、常に新しい情報を教えてくれます。

多くの小売に並べる力がなければ物理的に買うことができないため論外となるが、いくら多くの小売に並べても、「選ばれる力」がなければ、その商品は誰の手にも取られない。従って、手に取りたくなる仕掛けこそが選ばれる力なのである。

結局、場数を踏み、現場から学び取ることが最善の策。

ページの先頭へ