工藤公康の名言|若いころの猛練習は将来のためになる

僕には若いときに作った体力の貯金があります。入団当初、それこそいつ体が壊れてもおかしくないくらいの厳しい練習が課されました。また監督の方針で、キャンプも遠征先も玄米食。この時期があったからこそ、体力面で大きな容量を持つことができたんです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事の相手は自分を映す鏡。残念な人としか仕事ができないなら、そんな状況に陥っている自分自身が残念な人。

君たちが腰が抜けたというのなら、辞めてもいい。私はひとりになってもやり通す。城を枕に討ち死にする覚悟の者だけついてこい。
【覚書き|グリコを販売開始したものあまり売れず、部下の営業マンが弱音を吐いたときに言った言葉】

たとえば腰痛は、筋力の衰えで腰に負担がかかることが原因。生活リズムの中に体調不良を解消する運動を取り入れることで、体調不良が起こりにくい体を作るようにしましょう。

『下町ロケット』は、主人公が自らの仕事に誇りを持って最後まで自分の夢を諦めないところが魅力。東日本大震災が起きたことで、撮影を早めたこともよく覚えています。こういう時にこそ、頑張っている人の背中を押すようなポジティブな作品をやるべきだと思ったんです。

自分を追い込んでやる気を出す方法も効果的です。僕は切羽詰まらないと行動を起こさないタイプなので、仕事にデッドラインをつけて、取り組まざるを得ない状況を意識的につくっています。取りかかる前は面倒に思えた仕事も、いざやってみると気分が乗ってくるケースが多いものです。

当社の新製品開発基準は3つ。「世の中にない」「人々の生活を豊かにする」「技術的ハードルが高い」。

現代の勉強とは何か。それは自分で考え、自分なりの答えを出せるようにする、あるいは、自分で判断を下せるようにするための頭の使い方を学ぶことです。知識や情報をただ暗記するのではなく、それらを加工して自分なりの新しいアイデアや理論につくりかえることだと、いい換えることもできます。

初対面の相手との交渉もありますが、基本は同じ。相手がどんな考え方をするタイプなのか、どこに譲れない部分があるのか。表情や言葉の端々から、なるべく早く感じ取ることです。そのためにも、いろんな相手とのつきあいの引き出しを持っておくことが大事。

都会の企業で働いている人というのは、みんなどこか浮かない顔をしています。おそらくお金のために働くことが後ろめたいのではないでしょうか。冷暖房の完備されたオフィスで働いて、家族や会社といった身の回りのことばかり心配していたら、そりゃ心も病気になりますよ。人間も生き物である以上、もっと大きくすべての生き物のことを考えて働くべきじゃないでしょうか。

経営スピードを上げるためにプロジェクトチームを作らないことにしました。日本企業の意思決定の遅さのひとつの原因が、プロジェクトを作ることにあります。何かというとプロジェクトを立ち上げて話し合う。ですが、これでは現場が無責任になります。そこで一切プロジェクトを作らず、すべて通常の業務ラインで話をするように要請しました。財務は財務担当、営業は営業担当が議論を重ねる。そこで出た結論に対して、私が直ちに可否を決める。これだと話が一気に進みますし、何より現場が当事者意識を持ちます。

ページの先頭へ