工藤公康の名言|若いころの猛練習は将来のためになる

僕には若いときに作った体力の貯金があります。入団当初、それこそいつ体が壊れてもおかしくないくらいの厳しい練習が課されました。また監督の方針で、キャンプも遠征先も玄米食。この時期があったからこそ、体力面で大きな容量を持つことができたんです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現代のビジネス環境では、複数の仕事を同時に進めなければならないのは、むしろ普通のことである。そのようなときに、完璧主義の人ほど、どの課題も完全にはできないと動揺することが多い。そうではなく、複数の仕事をどれも少しずつでも進めていく。どんな場合でも、「今、ここ」で取り組んでいることに集中すれば、とにかく、やらないよりは「ゴール」に向かって近づいている。

茂木健一郎の名言|「今、ここ」で取り組んでいることに集中すれば、とにかく、やらないよりは「ゴール」に向かって近づいている


自社と業界との距離をどのくらいに置くか考えていないと、業界の常識を外れることは難しい。

小笹芳央の名言|業界の常識を外れるには


逆説的なんですが、お金や仕事の成功ばかり追いかけていると、逆にお金も仕事も逃げてしまう。

貞方邦介の名言|お金や仕事の成功ばかり追うと、逆に逃げていく


グローバル化の流れは止められないと私も思います。ただ、停滞するか、少し後戻りするかもしれない。それも前に進むためには必要なことで、一歩下がることで、その後、二歩、三歩進む土台ができるのではないか。歴史を見ていると、そうやって前に進んできたのだと考えています。

松下正幸の名言|一歩下がることで、その後、二歩、三歩進む土台ができる


今日決めたら明日できるのがベンチャーのいいところなんです。それにいまの世の中、半年も検討してたら状況が変わっちゃいます。だから、とにかくすぐやって、それで評判が悪ければやめればいい。ブランドやプライドなんて、ベンチャーには関係ないですから。

江村林香の名言|とにかくすぐやってみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ