工藤公康の名言|若いころの猛練習は将来のためになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕には若いときに作った体力の貯金があります。入団当初、それこそいつ体が壊れてもおかしくないくらいの厳しい練習が課されました。また監督の方針で、キャンプも遠征先も玄米食。この時期があったからこそ、体力面で大きな容量を持つことができたんです。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中が単純に見えるのは人生が順風満帆の時です。挫折すると、その単純な世の中から否定されてしまうので、すごく辛い。でも価値観がたくさんあると、自分が失敗だと思ったことは必ずしも失敗じゃないし、場合によっては自分のせいでもないんですよね。

私がCEOに就任した当時、我々には、ポートフォリオを変えて生き残るしか選択肢がありませんでした。あるいは、死を待つかです。

あなたの上司は、その上の上司から何を言われるかを常に気にしています。「二段上から目線」の書類作成が成功へと導きます。

上司が上からの情報をシャットアウトすると、部下に「上層部とゴニョゴニョやって、目標の数字だけ落としてくる人」とみられて信用がなくなります。

現在は、優秀な経営者が一人ですべてを差配することで勝てる時代ではない。私はそう見ています。

コンパックコンピュータで私は初めてPL(損益)責任を担うことになります。数字の責任を負うのは大変なプレッシャーですが、数字を持つことがどれだけ成長を加速させるかを身にしみて感じました。

昨年は苦労が多く、仕事で結果が出せなかった人、苦労が報われなかったと嘆いている人もいるかもしれません。しかし、焦るあまり、準備が整っていない時に道を作ろうとするのは、季節外れに咲いた花のようなものです。昨年は咲かなかったけれど、今年は花が開いてかなえたかったことが成し遂げられるかもしれない。

ページの先頭へ