工藤公康の名言|若いころの猛練習は将来のためになる

僕には若いときに作った体力の貯金があります。入団当初、それこそいつ体が壊れてもおかしくないくらいの厳しい練習が課されました。また監督の方針で、キャンプも遠征先も玄米食。この時期があったからこそ、体力面で大きな容量を持つことができたんです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何かを「相手に伝える」ということは、自分が理解していることをそのまま伝えることとは全然違います。「四の五の言うな」という言葉には、「ああだこうだと理屈を言うな」という意味のほかに「一度に多くを言っても覚えられない」というニュアンスもあります。人間が一度に覚えられることはせいぜい3つ程度です。

僕は採用基準に、はっきりと順番をつけています。一に人柄、二に意欲、三に能力です。おわかりだと思いますが、これ、世の一般企業と逆です。

技術の連続性は極めて重要です。一歩一歩の歩みは小さいかもしれませんが、長い時間の中で、確実に技術が蓄積されライバルとの差がついていきます。この仕組み(好不況問わず5年ごとに新しい技術者を雇い技術継承し、前の世代より一歩進んだ技術開発を行う仕組み)を続けられれば、製造業における中国の台頭は決して怖くありません。

週末に勉強会を主宰するとなると、平日の緊張感が違ってきます。土日に持ち越せないため、仕事を計画的にこなすようになりました。

相手が誤解して怒っているとき、怒りはそのまま爆発させてあげることがポイントです。「本当にご迷惑だと思います。私も残念です」と自分の気持ちを素直に伝えることも大切です。そのうえで、「いまは上手く説明できないので、こちらの事情はおいおいご説明しますが、それよりも前に、早急に対応策を考えてきました」と、共通の課題の方に目を向けさせるのがいいでしょう。

「目標1兆円と言ってその半分しか達成できませんでした」というのと、「千億円が目標と言ってそのとおり達成しました」というのでは前者のほうがいいに決まっている。小さくまとまるな。

私はこれまでの人生で眠れなかったことは1日もありません。私はいつも、今この瞬間を生きている人間です。これまで数えきれないほどスタジオに立ち続けてきましたが、毎回全力投球。そういう生き方をしてきたので、後悔がないのです。

いまは物自体が不足しているわけではありませんよね。だからこそ心の部分が大きいと思います。たとえ不況でも、自分の心を満たしてくれるもの、自分を成長させてくれるものに対しては、お金を出し惜しみすることはありませんから。

何事も経験、何事も慣れです。大きな商談の場やプレゼンをする機会が少なければ、当然、慣れていないので緊張してしまうでしょう。でも、何度となく場数を踏み、いろんな経験を積めば、緊張せずに済みます。

わけもわからずに人の意見や考えを信じ込んだり、勝手な理論を真に受けることは、馬鹿げた過ちを犯しているのと同じです。正しいか正しくないかの判断ができない曇った心の目しか持たない人は、不運なできごとから無知な妄想を展開したり、正しい道理から外れた着想でものごとを捉えたりします。こうした妄想ほどやっかいなものはありません。この世に存在しない恐怖の怪物を、自分で創り出してこわがっているようなものです。

ページの先頭へ