工藤公康の名言|やめるのは簡単

「やめます」というのは簡単です。これからも、「続けます」ということを大事にしていきたいと思います。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情熱をもって取り組めることがないなら、とりあえずいまの仕事で最も興味のあることに集中すればいいと思います。それだけでも、確実に視野は広がります。何回かそれを繰り返せば、自分が本当に情熱を持てることは自然と見えてくるものです。

トラブルは、落ち着いて手順通りに進めれば収束します。対処法に奇策はありません。王道あるのみです。

経営はスピードが求められます。経営会議で浮き彫りになった重大な課題は、即断即決で答えを出すのが一番いい。私の指示や助言を聞いたメンバーが、具体的なアクションにすぐ移れます。

上司に資料作りを頼まれたとします。そのときにいきなり作業に取りかかるのではなく、ほんの数秒でも「いつ、何のために、どのように使われる資料なのか」を考えて把握できる人は勘がいい。一方、勘の悪い人はなんとなく作業を始めて、上司は「今すぐにデータが欲しい」と思っているのに、レイアウトに凝って時間をかけてしまったりする。頑張っているのに評価されない、という人は、たいてい無駄なことに力を入れているものです。

一流選手がプレッシャーに強いかというと、そうでもないですよ。結局、どんな人でも自分の大きな願いが叶いそうになると、ひるむものなんです。だから、本番は普段の実力からたいてい目減りする。でも、それは仕方ないですよ。目減りしても結果を出せるように、普段の実力を高めておくしかないんです。

僕がモノの買う側に立った時、商品を見る前からそのブランドの商品が第一選択肢になります。それはブランドのイメージを持っているからです。売れる商品を作るより、ブランドとして認知されることが先決。

数値目標は「一人歩きをする目標」にもなれば、「自分の殻を破る目標」にもなる。重要なのは、何のための目標なのか、意味合いが組織の中できちっと理解されていることです。

国内の人口減少に伴い、保険市場も縮小すると言われて久しいですが、私はそうは思いません。新しい技術やビジネスが普及すれば、新しいリスクも見つかり、それをカバーする新しい保険の需要が生まれるからです。

一番大事なのは、何が社員のためになるかです。

人として何を志して、何をやり遂げたいのかと。そこがしっかりしていれば、多少英会話が拙くても何とでもなります。人としての基本ができているか否かです。

ページの先頭へ